FC2ブログ

情報放送局テレビブログ

テレビや番組に関して、さらにそこから発展するいろいろな情報なども紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『探偵!ナイトスクープ リターンズ』 KSB瀬戸内海放送にて今週も放送

3月15日19時~放送予定の、
探偵!ナイトスクープ ザ・ゴールデン』のSP放送を直前にして、
岡山・香川のKSB瀬戸内海放送でも、
先週に引き続き、
今週も、3月14日12時~、
ABC朝日放送では、昨年2008年の10月に放送された
20周年特別企画 探偵!ナイトスクープ リターンズ』が放送されてでした。

まず、1本目に放送されていたのは、
第205回放送・1992年6月12日放送分
福井敏雄顧問で、
「これが本当のぶらり旅」 越前屋俵太探偵
「クリスマスのブーツの片方」 清水圭探偵
「町の素朴な疑問in梅田」 立原啓裕探偵
でした。
1本目の「これが本当のぶらり旅」は、
新たなタイプの旅番組を切り開いた名作でもあり、
この「俵太のダーツにおまかせ!! ひとり旅」は、
その後、「ダーツの旅」として、
他局の番組でも採用されたということは有名な話。
しかし、シナリオのない、ぶっつけでのこのような旅ロケは、
探偵!ナイトスクープ』だからこそ思いつけれたものかとも思われ、
越前屋俵太探偵の味のある取材もすばらしいものに感じられるものでした。
2本目の「クリスマスのブーツの片方」は、
清水圭探偵との会話の中で出てきたアイデアをさっそく行動に移しての、
クリスマス用の長靴に花火を入れての新商品を
さっそく店先に並べる関西人の行動に笑いが得られ、
また、当日中にブーツを東京から輸送していただけるという、
ロッテの大協力によっての依頼解決であり、
依頼解決に協力してくださる企業にも支えられての
探偵!ナイトスクープ』とも感じさせられるものでした。
3本目の「町の素朴な疑問in梅田」内の、
地下鉄・東梅田駅での「タイルの向きが違う!」では、大阪市交通局に問い合わせてみたり、
「点滅の早い信号機」では、大阪府警・安全広報課に問い合わせてみたりと、
元祖社会派とも思われる依頼でもあり、
世の中にも貢献している
探偵!ナイトスクープ』とも感じさせられるものでした。

続いて、
第239回放送・1993年2月26日放送分
オスマン・サンコン顧問で、
「スキー場では関西人は嫌われている」 清水圭探偵
「金次郎さんを引き取って」 トミーズ雅探偵
「東京視聴率倍増大作戦」 越前屋俵太探偵
でした。
1本目の「スキー場では関西人は嫌われている」では、
関西人vs関東人のバトルが見所でしたが、
この後に、似たような依頼で、
1994/10/07放送の「枚方vs寝屋川」があったことも思い出さされたのでした。
即席で、素人を捕まえての取材にもかかわらず、
なぜにこれほどまでにおもしろいバトル映像に仕上がってしまうものなのでしょうか。

しかし、
探偵!ナイトスクープ リターンズ』、なかなかいいものですね。
すばらしい番組は何年経っていてもすばらしい番組なんですよね。
今でも十分に楽しめるどころか、
一昔前の『探偵!ナイトスクープ』のほうがより味があるようにも感じ、
できるものなら、過去の放送を全編再放送をしてもらいたいとも思っちゃうほどです。
水曜どうでしょう』の『どうでしょうリターンズ』、『水曜どうでしょうClassic』のように、
過去の放送を、また一からすべてを、
放送していってみてもらえたりもできないものなのかとも思うところでした。

さて、岡山・香川のKSB瀬戸内海放送では、
来週もさらに
20周年特別企画 探偵!ナイトスクープ リターンズ』の放送が予定されているようです。





[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://johohosokyoku.blog17.fc2.com/tb.php/327-03bea9b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。