FC2ブログ

情報放送局テレビブログ

テレビや番組に関して、さらにそこから発展するいろいろな情報なども紹介

『みのもんたの朝ズバッ!』 不況でも予約殺到・深夜バスの豪華シート特集

1月29日放送のTBS系の『みのもんたの朝ズバッ!』にて、
「深夜バスの豪華シート」の特集が放送されていました。

通常、東京から大阪へは、
飛行機だと、羽田~関空で、約1時間15分、2万2600円。
新幹線だと、東京~新大阪で、約2時間30分、1万3800円。(のぞみ自由席)
深夜バスだと、東京~大阪で、約8時間、4000~5000円とのこと。

こうやって比べると、
いかに深夜バス、高速バスが移動手段として格安かがわかりますね。

安さが売りの深夜バスではあるものの、
深夜バスと言えば、『水曜どうでしょう』での大泉洋鈴井貴之による
「サイコロの旅」「深夜バスの旅」などのシリーズが思い出され、
シートが固い、眠れないなどの過酷なバスの旅をイメージしてしまうところです。

そんな悪評の高い深夜バスですが、
乗り心地を改善させた、エグゼクティブシートと呼ばれる豪華シートが、
最近、不況の中にもかかわらず、人気を集めているとのことで、
ウィラートラベルのエグゼクティブシートが特集されていました。

2階建てバスの1階部分の、これまで8席設置していた座席を取り払い、
そこに、4席のリクライニング機能付の豪華シートを設置。
地デジ対応のテレビ、DVDプレーヤー、
コンセント電源、無線LAN設備まで整っているのだとか。
すばらしい快適空間ですよね。
料金は通常料金の約2倍の9800円~とのことでしたが、
搭乗率は9割、人気のあまり1ヶ月前から予約が埋まるのだとか。
不況の中にも限らず、すごい人気ですね。

しかし、乗り心地や安眠を考えると、決して高くない値段なのかもしれません。

新幹線よりも安い運賃なわけですし。
新幹線よりも少し安く上げたいが、
新幹線並みの、またはそれ以上の快適な空間を求めようと思うと、
このエグゼクティブシートに行き着くのかもしれません。
そう考えると、
新幹線客をターゲットにしたならば、
うまいバス業界の戦略、隙間産業だなあと思わされるものだったのでした。

水曜どうでしょう』での「サイコロの旅」「深夜バスの旅」などは、
もう10年も前のシリーズですし、
10年も経てば、
深夜バスというもの自体、かなり進化を遂げてきているものでもありますね。
深夜バスのイメージが変わります。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://johohosokyoku.blog17.fc2.com/tb.php/272-9eccd801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)