FC2ブログ

情報放送局テレビブログ

テレビや番組に関して、さらにそこから発展するいろいろな情報なども紹介

『Qさま!!プレッシャースタディ2009』でのロザン宇治原の活躍ぶり

昨年2008年末大晦日にも
Qさま!!プレッシャースタディ 今年一番頭のいい人を大決定SP
が放送されていたテレビ朝日系の『Qさま!!』ですが、
1月12日の放送では、
Qさま!!プレッシャースタディ2009 インテリイケメン軍団vsインテリ美女軍団
が放送されていました。

その中で、

○ 「磧」を何と読む?
  正解「かわら」

○ 2008年株価下落率世界一の国は?
  正解「アイスランド」

などと、難問を正解しつづけたロザン宇治原史規
「磧」は、瓦のほうではなく、川の川原との説明まで完璧。

最後の問題で、裏を読んでの○×2択で誤答をしての
宇治原史規でしたが、
そのときの
「頭 よすぎた~」
は、ほんと、名言でしたね!(笑)

相手に説明して伝えろ「プレッシャー説明力」
では、世界文学作品がテーマとなっていて、
その説明者をつとめていた宇治原史規は、
これにはやや苦戦していたものの、
やはり、さすが京大卒の学歴があるだけある宇治原史規だなと感心させられた
今回の放送だったのでした。

また、かつて『進ぬ!電波少年』でケイコ先生として活躍した
東大卒の春野恵子が助っ人として登場してでしたが、
そんな『進ぬ!電波少年』の企画・坂本ちゃんの「電波少年的東大一直線」も
懐かしく思い出さされた
Qさま!!プレッシャースタディ2009 インテリイケメン軍団vsインテリ美女軍団
でした。

さて、これまで、
あまりこの『Qさま!!』を見る機会がなかったものの、
Qさま!!』って、
知識の確認にもなる、なかなかよい番組なものですね。
こういうバラエティー番組で楽しみながら、自分の知識を再確認してもらって、
日本国民の学力低下の予防につなげてもらえたらとも思っちゃいます。

クイズ!ヘキサゴンⅡ』から誕生した
羞恥心つるの剛士野久保直樹上地雄輔)やPabo里田まいスザンヌ木下優樹菜)、
と言ったおバカタレントなどが流行った昨年、
おバカなことがオイシイと思っている人も少なくないのかと思うと、
おバカなことが恥ずかしいことであると思わないことに、
将来の更なる日本国民の学力低下に拍車をかけてしまうのではと不安を感じるのでした。

日本人の向学意識を高めるような、
おバカタレントとは正反対の
インテリタレントのブームが今年あたりは到来することを期待したいところです!

さて、『Qさま!!プレッシャースタディ』は、
本も発売されていてなんですね。

クイズプレゼンバラエティー・Qさま!! プレッシャーSTUDY 頭が良くなるドリル



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://johohosokyoku.blog17.fc2.com/tb.php/260-ce399e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)