FC2ブログ

情報放送局テレビブログ

テレビや番組に関して、さらにそこから発展するいろいろな情報なども紹介

『土曜プレミアム』 映画「クライマーズ・ハイ」 日航機墜落事故から24年

8月8日放送のフジテレビ系の『土曜プレミアム』では、
映画「クライマーズ・ハイ」が放送されていてでした。

1985年8月12日午後6時56分、日本航空123便墜落事故発生。
単独機の航空事故では史上最悪の死亡者数520名。



あの大事故からもう24年もの時が経とうとしているのですね。
毎年、8月12日には、群馬県・御巣鷹山での追悼のニュースも流れていてでしたが、
もうそろそろ歴史のひとつとなり始めている頃ですよね。

さて、横山秀夫によるこの「クライマーズ・ハイ」、
実話ではなく、
群馬県の架空の地方新聞社・北関東新聞社を舞台とした
日本航空123便墜落事故を取材する新聞記者たちを描いたものなのですね。

架空の地方新聞社が舞台ということで、
ちょっと迫力に欠けるようにも感じられるものの、
新聞社の取材の舞台裏を描いたこの「クライマーズ・ハイ」は、
なかなか見ごたえのあるものでしたね。

ただ、事故発生の一報から、墜落地点の特定、生存者の発見救出までが、
意外とあっけなくとんとんと描かれてだったことが、
これほどの大事故の、現場特定、墜落機体発見までが、
当時、なかなか時間を要していたことだったと思われ、
そこの緊迫感ももっと描いたようなものも見てみたかったかなと。

先日、『金曜プレステージ』にて放送された、
『妻よ!実録・松本サリン事件犯人と呼ばれて・・・』のように、
日航機墜落事故は、
新聞社側だけからでもなく、様々な面から、
ドキュメンタリー&ドラマとしても扱えそうにも思われるものの、
あまりにも大惨事でもあるため、
生々しくて描ききれない面もあったりなのでしょうか。

生存者からの視点での
日航機墜落事故」のドキュメンタリー&ドラマなども見てみたいとも思わされるのですが。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]
スポンサーサイト



お盆もGWに続き高速道路1000円により各所で渋滞? 無料化は無理?

高速道路料金が上限1000円になってから、4ヶ月あまり。

GWには、
これまでは見られなかった、深夜・未明からの大渋滞、
そして、SAの駐車場に収まりきらない台数に、
SAへ入るための本線上にまで連なる渋滞の発生、
東名高速道路では、
50時間以上継続しての渋滞が発生してなど、
これまでの連休をはるかに上回る混雑振りに驚かされたものでしたが、
いよいよ、お盆休みの規制ラッシュがやってきましたね。

GW以来の長期休暇となるわけで、
GW以来の高速道路の混雑ぶりとなるものと思われるわけで。

すでに、今日も、高速道路上はけっこうな渋滞が見られたようで。
西日本でも、
渋滞の定番でもある、兵庫県から大阪府、京都府、滋賀県にかけての、
中国自動車道から名神高速道路にかけて渋滞が発生し、
また、従来は大渋滞とはあまりならない山陽自動車道でも、
広島県内の下り線で、長い渋滞が発生していたようです。

この週末も、今夜など、ニュースや情報番組などでも、
これらお盆休みの規制ラッシュによる渋滞の話題は取り上げられるものとも思われますが。

交通の集中を分散させるために、ETCの休日割引を、
6日、7日、13日、14日の平日へも拡大させたわけですが、
なぜに、10日、11日、12日をも、ETCの休日割引を適応させないのでしょう。
6日、7日よりも、10日、11日、12日のほうが効果がありそうにも思うのですが。

日本道路交通情報センターの渋滞予想でも、
今日8日の予想よりも、13日のほうが渋滞箇所数も多く規模も大きいようです。

今日のヤフーのトップニュースでは、
渋滞による移動効率悪化や東海道新幹線の利用者減が主な要因により、
「1000円高速 損失5億円 渋滞や新幹線利用減」とのニュースも載っていましたが、
民主党が政権をとったとしても、
高速道路の無料化は、さらなる渋滞を招くだけな感じもして、
現実不可能に思わされるものでもあるところですね。





[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『行列のできる法律相談所』再放送 本村健太郎弁護士2度目の出演回

8月8日の昼間、日本テレビ系にて、
けっこう古い『行列のできる法律相談所』が放送されていました。
陣内智則が出演していて、藤原紀香でいじられていてでしたし、
橋下徹弁護士が、弁護士軍団の中に並んでいましたし。

さて、この『行列のできる法律相談所』、
本村健太郎弁護士、2度目の出演との回のようで、
前回の初登場の反響で、
踊る!さんま御殿!!』からの出演オファーが来たということを、
島田紳助にいじられて、
山崎邦正に似ていることから、
明石家さんまにそういじってこられたときの対応として、
島田紳助が、
メガネをとって、コラーッ!とのリアクションの指導をしていてでしてたが、
いまやおなじみの本村健太郎弁護士のあのリアクションも、
島田紳助のアドバイスによって生まれ、定着していたものなんですね。

ちなみに、本村健太郎弁護士出演の『踊る!さんま御殿!!』は、
明後日9月4日(火)との放送告知がされていてだったので、
この曜日から、2007年の放送分と思われたのですが、
わずか2年前、
陣内智則藤原紀香はまだ新婚ラブラブで、
橋下徹弁護士は知事になると予想もされておらず、
本村健太郎弁護士はやっと知名度を勝ち取ろうとしていた頃なんですね。

わずか2年ですが、時の流れを感じさせられた、
行列のできる法律相談所』の再放送でした。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

RSK山陽放送にて『ノブナガ』『おかわり!ごはんリレー』『スジナシ』放送

CBC中部日本放送制作の『ノブナガ』は、
RSK山陽放送では、2007年の3月にレギュラー放送が終了したのですが、
2年5ヶ月ぶりの放送だったのでしょうか。
8月7日24:05~、
RSK山陽放送にて、久しぶりの『ノブナガ』が放送されてでした。

これまで、
ノブナガ』後半・「小泉エリのごはんリレー」だけを取り出した
再編集番組『おかわり!ごはんリレー』や、
『ノブナガごはんリレーお腹ぺっこぺこSP』などの放送は不定期に行われてきたものの。

さて、今回放送されていた『ノブナガ』は、
CBC中部日本放送では、昨年、2008年6月14日放送分のものでした。
また、なぜに、こんな中途半端な時の放送のものを放送だったのでしょうか。

ちなみに、RSK山陽放送では、
8月8日14:30~は、『おかわり!ごはんリレー』、
8月14日24:05~は、またまた『ノブナガ』の放送予定となっています。

ちなみに、CBC中部日本放送制作の『スジナシ』も、
8月11日23:59~放送予定です。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]