FC2ブログ

情報放送局テレビブログ

テレビや番組に関して、さらにそこから発展するいろいろな情報なども紹介

ひこにゃん酷似のひこねのよいにゃんこグッズ 彦根市が販売中止要請

昨日、「ひこにゃん酷似グッズ出回る 彦根市が販売中止要請」として、
7月29日放送のフジテレビ系の『とくダネ!』など、
各ニュース番組、各情報番組で、このニュースが取り上げられていましたよね。



ひこにゃんは「国宝・彦根城築城400年祭」のキャラクターとして、
公募により、大阪のキャラクター作家・もへろんさんの作品が選ばれ、
そのキャラクターの著作権は同祭閉幕後に彦根市に譲渡されているのだそうですが、
もへろんさんが公募に応じた、
座る、跳ねる、刀を持つの3図柄以外のひこにゃんグッズが出回り、
「祭りのPR目的を超えて営利目的で利用されている」として、
市などに閉幕後の商標使用中止などを求め調停を申請したのだそうですね。
そこで、
3図柄以外の類似イラストの絵本掲載などを市が認め、公表時は事前協議する
3図柄以外のグッズを規制するなどの条件で調停が成立していたようで。

しかし、もへろんさんのひこにゃんに酷似したひこねのよいにゃんこのグッズが、
市の了解なしに出回り、
今度は、市側が市の著作権と商標権を違法に侵害していると販売中止を求めたとのことで。

ひこにゃんの爆発的ヒットによって、
予想以上の338億円(2008年3月現在)とも言われる経済効果をもたらし、
新たな大市場を作ってしまって、
お互いにそれを営利目的で利用することが気に入らないのか、
過敏に反応しあっているといった感じですよね。

ゆるキャラブームの発端ともなったひこにゃん、
たしかにかわいらしいキャラなわけですが、
なぜにこれほどまでのヒットとなったのでしょうね。




[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]
スポンサーサイト



『とくダネ!』 3ヶ月経過で処分迫る・カーネルサンダース人形の落し物

7月30日放送のフジテレビ系の『とくダネ!』では、
「3ヶ月経過で処分 カーネルサンダース人形の落し物」
というニュースが取り上げられていました。

愛知県の知多警察署の倉庫で、
落し物としてカーネルサンダース人形が保管されているのだそうですが、
この届出のあった地域には、ケンタッキーフライドチキンの店舗はなく、
ケンタッキーフライドチキン側も、全国のどこの店舗からも、
カーネルサンダース人形が紛失したという報告を受けていないので、
所有権を主張して迎えに伺うこともできないとのことでしたが、
ケンタッキーフライドチキンのカーネルサンダース人形ではないのなら、
では、一体、このカーネルサンダース人形は、どなたの持ち物なのでしょう?

マニアが作ったカーネルサンダース人形のレプリカだったりでもするのでしょうか。

24年ぶりに道頓堀川で発見されたもうボロボロのカーネルサンダース人形に比べて、
なんともかわいそうなカーネルサンダース人形にも感じたのですが。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『ノブナガ』 「小泉エリのごはんリレー」の外食率 そして「ノブ熱大陸」

CBC中部日本放送の『ノブナガ』の後半・「小泉エリのごはんリレー」。

番組を見ていると、
ごはんリレーでの外食の確率が非常に高いように感じますが、
どれくらいの外食比率なのか、
ちょうど1年程前にも、ここで紹介させてもらったものの、
その後、さらに「小泉エリのごはんリレー」は、続いてしまい、
すでに500食を突破してしまっているので、
500食目までの、外食、中食、内食率を改めて調べ直してみたのでした。

結果は、以下のようになりました。

外食 374食(75%)
中食  59食(12%)
内食  67食(13%)

前回とほぼ同じ結果となっていますが、
前回より中食の割合が少し高くなってでしょうか。

やはり外食率が高い結果なのですが、
ごはんリレーの昨日のごはんの回答に応じてもらえても、
それが自宅での食事だった場合、
自宅にはお邪魔させてもらえず断られているパターンが多々あるためかとも思われますし、
番組の展開を考え、
遠方からきていると思われる、
出張サラリーマンや観光客などを狙い撃ちすることが多いために、
このような外食率の高さとなるものなのだと思われます。


さて、CBC中部日本放送での
6月6日深夜放送分(RCC中国放送では7月28日深夜放送分)では、
放送399回目を迎えて、
「ノブ熱大陸 ごはんリレーができるまで」として、
ごはんリレーの裏側が、
江本有美ディレクターに密着する形で紹介されていましたね。

STEP 1 編集
STEP 2 スタッフプレビュー
STEP 3 編集直し
STEP 4 テロップ発注
STEP 5 テロップ入れ
STEP 6 ナレーション書き
STEP 7 音響効果付け
STEP 8 ナレーション録り
STEP 9 MIX DOWN
STEP 10 スタジオ収録 

ノブナガ』1回目から編集を担当しているという松浦さんと岡田さん、
Wコウジの番組を20年ずっと担当しているという音響効果の荒木さん、
ナレーション担当の渡辺美香アナウンサーなどによって作られていく
小泉エリのごはんリレー」が紹介されていました。

こういう番組制作の裏側紹介を見るのは、けっこう好きなんですけど。

一人のディレクターが、1回のロケ収録で、10時間分もの撮影を行っているんですね。
そして、それが20分の1以下に編集されるなんて。
1分作るのに1時間、
長時間のロケを短時間にまとめ上げるのってたいへんな作業なんですよね。

しかし、電話コーナー・ウェブナガの代わりにごはんリレーの裏側を放送するなんて。
電話コーナーへの応募が減っちゃってでもいるのでしょうか。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『シルシルミシル』 盛岡冷麺のお初 特集は「バンダイナムコゲームス」

7月29日深夜放送のテレビ朝日系の『シルシルミシル』では、
盛岡冷麺のお初ということで、
今回も食べ歩きAD堀雅哉によるお初店を探すコーナーからスタートでした。
彦摩呂にグルメレポートを教えてもらっての堀ADでしたが、
やはり、彦摩呂は名グルメリポーターですね。
グルメの天子の羽など、技を持っていますね。

ちなみに、調査結果は、
1954年開店で創業55年の「食堂園」に行き着き調査終了でした。



続いて、今回紹介されたお初は、

○ ラジオ体操のお初

○ サイダーのお初
   1899年 金線シャンペンサイダー



そして、今回は番組後半に移動したテーマコーナー、
「バンダイナムコゲームス」が特集されていてでした。

1955年に中村製作所として、木馬からスタートし、
1977年に社名をナムコに変えたのだそうで。

「パックマン」は、ギネスブックにも載ったゲームなんですね。
さらに、「ジュエラ・アイラッシュ」ってすごいですね。
自動的に、目を認識して、大きな目にまつげも長くして、美肌にもしてしまうなんて。
たかがゲームメーカーと思っていましたが、侮れない技術ですね。

クレーンゲームの女王、
中島由佳さんのクレーンゲーム必勝法テクニックもお見事でしたね。
ちなみに番組内で宣伝されていた本は、
Dr.中島のクレーンゲーム攻略必勝本(晋遊舎ムック)(単行本)

ゲストのアンタッチャブルが最後に宣伝していた本は、
アンタッチャブル柴田英嗣の日本一やかましい動物図鑑(単行本)



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]