FC2ブログ

情報放送局テレビブログ

テレビや番組に関して、さらにそこから発展するいろいろな情報なども紹介

視聴率低迷のTBSが緊急改編 『水戸黄門』に救いを求める小林麻耶

TBSが緊急改編だそうですね。

この春、改編率70%以上という大幅な番組改編を行ったTBS東京放送ですが、
その視聴率は低迷しているということは、
ちょうど、ひと月ほど前にもここでも話題にしましたが、
通常改編時期の春秋を待たずして、
早々にその修正に取り掛かり始めたTBSのようですね。

小林麻耶のゴールデンタイムの報道番組『総力報道!THE NEWS』、
お昼の情報番組『ひるおび!』などの大誤算の低視聴率は、
やはり6月になっても改善されることはなく、
夏休み開始の7月20日から、季節外れの緊急改編を行い、
ひるおび!』は放送時間を1時間短縮し、
水戸黄門』、『渡る世間は鬼ばかり』、韓国版『花より男子
などの人気番組の再放送を投入していくようです。
総力報道!THE NEWS』の直前に、『水戸黄門』を放送することで、
総力報道!THE NEWS』の視聴率アップを期待しているのだとか。

さて、果たしてこれで少しは視聴率改善となるものなのでしょうか。

人気番組の再放送で代用するという、なんとも応急処置のような対処であり、
かつ、TBSがこのような過去の栄光にすがり始める傾向は、
8時だョ!全員集合』の特番を盛んに放送している点などでも、
しばしば感じてしまっていて、
結局は、何も変わらないTBSであるようにも感じさせられて。



この春の大改編、そして、1クールほどでの緊急修正改編、
さらに、この緊急修正改編も失敗に終わっていってしまいそうな感じも。

しかし、『水戸黄門』の再放送ってそんなに視聴率が取れるものなんでしょうか??



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]
スポンサーサイト



好きなお天気キャスター・気象予報士ランキング 1位・石原良純

今年で5回目となる
オリコン調べの「好きなお天気キャスター・気象予報士ランキング」が
発表されたのですね。

そのランキング1位には、
昨年2位だったフジテレビ系『FNNスーパーニュース』の
石原良純が返り咲いたのだとか。

「バラエティ番組にも出ているので、表現が上手くて面白い」
「知識があって、聞いていて楽しい」
という感想が多数寄せられていたとのことだったのですが、
ニュース番組のお天気コーナーだけでなく、
バラエティー番組の出演も多い石原良純であり、人気も知名度も高くてですよね。
また、石原良純って、慶應義塾大学卒業でしたよね。
高学歴であり、気象関係はもとよりさまざまな知識が豊富なのでしょうね。

2位は、フジテレビ系『とくダネ!』の天気予報を担当する天達武史
人柄の良さやツボをついた解説が評価されたとのことでしたが、
「人柄の良さ」、たいへん感じられるような方ですよね。

3位には、TBS系『NEWS23』などに出演の森田正光
気象予報士の古株ですよね。
たしか、初の第1回気象予報士試験を受験するも、
不合格をくらってしまって話題となりましたよね。かつて。
その次に行われた第2回の気象予報士試験で合格し、
気象予報士になられたんですよね。
この森田正光の初回不合格を聞いたときに、
資格試験というものは、経験ではなく勉強なんだというように感じたものです。

ちなみに4位以下は次のとおりだそうです。

4位 根本美緒
5位 木原実
6位 半井小絵
7位 長野美郷
8位 正木明
9位 今出東二
10位 平井信行




[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『報道ステーション』 リニア中央新幹線計画・南アルプスルートが有力

6月18日放送のテレビ朝日系の『報道ステーション』では、
東京~名古屋間のリニア中央新幹線計画で、
3案の想定ルートと路線距離や工事費が
東海旅客鉄道(JR東海)より明らかにされたニュースを扱っていてでした。

木曽谷を通す木曽谷ルート、
伊那谷を通す伊那谷ルート、
南アルプスをトンネルで貫く南アルプスルートの3案。

品川~名古屋間の所要時間は、
木曽谷ルートが334キロで46分、
伊那谷ルートが346キロで47分、
南アルプスルートが286キロで40分とのこと。

最短で、40分とはさすがリニアモーターカーですね。

そして、建設費と車両費を合わせた工事費は、
木曽谷ルートが5兆6300億円、
伊那谷ルートが5兆7400億円、
南アルプスルートが5兆1000億円とのこと。

諏訪湖側に迂回しての伊那谷ルートにした場合は、
南アルプスルートに比べ、
6400億円も費用がかさんでしまうことになるのですね。
諏訪湖周辺の活性化を考えるのか、
費用と品川~名古屋間の所要時間短縮を優先するべきなのか。
JR東海は、南アルプスルートで進めようとしているようですが、
それが妥当にも感じるものだったのですが。

地図上で見てみても、
諏訪湖周辺への迂回は、大きく北へ迂回させることになり、
あまりメリットを感じさせられませんよね。

トンネル技術も東海道新幹線のころよりも、
ずっとずっと向上していることでしょうし、
南アルプスを貫くような長距離なトンネルも
コストがかからなくなっているのでしょう。

2025年に開通予定とのことで、まだまだ先の話ではありますが。

ちなみに、このリニア中央新幹線、
東京~名古屋間の運賃はどれくらいになるものなのでしょう。
新幹線に比べてさらに高いものになってしまうのでしょうか。
そのあたりのこともちょっと気になったリニア中央新幹線だったのですが。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]