FC2ブログ

情報放送局テレビブログ

テレビや番組に関して、さらにそこから発展するいろいろな情報なども紹介

『ウェークアップ!ぷらす』 裁判員制度・候補者には来週中に通知書

いよいよ来年から裁判員制度スタートですが、
来週中に、候補者には「名簿記載通知・調査票」が送付されるそうです。

11月29日放送の日本テレビ系の『ウェークアップ!ぷらす』内で特集されていました。

ただし、「名簿記載通知・調査票の送付」が届いても、
家族や知り合いに知らせるのはかまわないのだそうですが、
インターネット上など、不特定多数の人に、
選出されたことを公表してはいけないのだそうです。
つい、それを知らずに、ブログにでも書いてしまいそうな人が出そうですよね。
注意しなければいけませんね。
通知が来た人にテレビ番組などでも取材もできないとのことでしたが、
匿名での取材としてもダメなものなのかとちょっと疑問にも思ったのでした。

まず、もう来週にも事前の候補者への連絡があるなんてことを
今日、『ウェークアップ!ぷらす』を見て、初めて知りましたし、
裁判員制度のテレビCMも放送されていますが、
「裁判員制度ブラ」なんてものもあったりしましたが、
何かと周知が行き届いていない感じもまだまだするものです。


番組でまとめられていた
「裁判員制度 今後の予定」
は、以下のとおり。

現在 名簿記載通知・調査票の送付

来年5月21日 裁判員制度スタート

事件ごとに裁判員を選ぶ

裁判の6週間前までに 呼出状を送付・事態事由を確認

裁判当日 裁判員6人を選定、法廷へ


裁判員候補者になる確率は、

札幌  0.25%
東京  0.24%
名古屋 0.23%
大阪  0.43%
福岡  0.31%
秋田  0.11%
福井  0.11%

と、都市によってばらつきがあるそうですが、
350人に1人の確率なのだそうです。

「義務であったとしても、裁判員になりたくない」
とのアンケート回答も4割弱を占めているらしく、
来週、裁判員候補者の通知を受け取り、
面倒なものがまわってきたと思ってしまう人も少なくなさそうですね。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]
スポンサーサイト



『探偵!ナイトスクープ』 「同級生は田嶋陽子?」「アシダカグモを探せ」など

11月28日放送の朝日放送の『探偵!ナイトスクープ』1本目は、
桂小枝探偵の
「53年前の同級生に謝りたい!」でした。

53年前の静岡県沼津市での小学生の時の同級生たちに会って、
その後手紙を出せずじまいになっていたことを謝りたいという内容の依頼でした。
依頼者は、同級生たちの名前はほとんど憶えておらずでしたが、
同級生の中に「ようこ」という活発な女の子がいたことは覚えていて、
そのリーダー的存在から、
テレビでおなじみのあの田嶋陽子ではなかったのかとのことで、それも調査してでした。

沼津市立第一小学校に出向き、
調査の結果、ようこさんはやはり田嶋陽子だったことがわかったのですが、
同級生たちの名前をほとんど忘れていた中でも、
依頼者の記憶にとどまっていたほどの
活発だったという田嶋陽子のインパクトってすごいですよね。
小学生のころからリーダーシップのある目立つ方だった田嶋陽子さんでした。


2本目は、
北野誠探偵の
「アシダカグモを探せ!」でした。

クモ好きな親子からの依頼者ということでしたが、
こういう、特定の虫を探す依頼なども、
探偵!ナイトスクープ』では、定番の依頼といえますよね。

依頼者の住む、新潟県には生息していないクモということで、
日本蜘蛛学会・追手門学院大学院教授の加村隆英先生に問い合わせた結果、
沖縄へ採取に向かうこととなり、
紹介された琉球大学資料館の学芸員・佐々木健志さんをたずねてでした。

そこでは、アシダカグモよりもっと大きなクモ・オオハシリグモというクモの紹介も。
カエルまで捕食してしまうというそんな巨大蜘蛛の話にビックリでしたね。

図鑑によると、アシダカグモは体長20~25cmとのことだそうで、
今回は体長は29cmというかなりの大物のアシダカグモが捕獲でき、
さらに、日本最大のクモ・オオハシリグモも捕獲。
日ごろ見慣れない大きなクモの映像を見ながら、
いろいろな生き物に注目してなこういう依頼も、
生物の勉強になってな『探偵!ナイトスクープ』と感じたものでした。


そして、
3本目は、長原成樹探偵の
「47年前に作った橋はどこ?」でした。

47年前に働いていた造船所で初めて作った橋を探してほしいという依頼でした。
勤めていた会社は「大阪造船所」という会社だったとのことですが、もうその会社は見当たらず。

橋は、30mほどの長さのものだったということで、
その長さから、市内33河川から川幅面で絞込み、
寝屋川、平野川、平野川分水路の3河川に限定してみたものの、
2日に渡る調査となっていたのでした。
2日目、かつての「大阪造船所」付近で聞き込み調査したところ、
一人目にして、
「大阪造船所」は「ダイゾー」という会社名に変わって現存していることが発覚。
調査は一気に進み、
鳴野西にある第二寝屋川橋ということがわかったのでした。

場所も特定できて、期待して現地に向かう依頼者と長原成樹探偵なものの、
そこにかけられていた橋は、もう昔の橋ではなく。

昭和62年に架け替えられていることがわかったのでした。
ここに架けられていたということがわかっただけでもよかったとの依頼者でしたが、
ちょっと残念な結果に終わった3本目だったのでした。


さて、年末も近くなり、そろそろ『探偵!ナイトスクープ』の第3弾、第3ウェーブ、
探偵!ナイトスクープ Vol.9&10 BOX
以降のDVD発売情報が発表されるころだと思われます。

当・情報放送局テレビブログでも、
探偵!ナイトスクープ』のDVD発売情報を
こちらにて、いち早く提供していきたいと思っておりますので、
よろしくお願いいたします。




[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]