FC2ブログ

情報放送局テレビブログ

テレビや番組に関して、さらにそこから発展するいろいろな情報なども紹介

『あらびき団』 Perfume・DAIGO・東国原英夫が選ぶあらびき芸BEST3

8月13日深夜放送のTBS系の『あらびき団』では、
「有名芸能人がもう一度見たいあらびきパフォーマーBEST3」が放送されました。
各BEST3は以下の通り。


Perfume が選んだ BEST3

○ 第1位 モンスターエンジン
初めて見たときの衝撃が忘れられません!
自分たちのラジオでもネタをパクってやらせてもらってます

○ 第2位 鳥居みゆき
見る度に元気が出ます!
カメラがグワングワンなるのもお気に入りです

○ 第3位 チーム秒殺
COWCOW多田の「俺カッコイイでしょ」的な顔がたまらなかったです


DAIGO率いるBREAKERZ が選んだ BEST3

○ 第1位 ガリガリガリクソン
ニート最高ウィッシュ!
ガチで超リスペクトなんスけど

○ 第2位 ふとっちょ☆カウボーイ
メタボ最高!
太っちょかわウィッシュ!

○ 第3位 メグちゃん
っていうかマジでガチで始めてみたとき思ったんスけど
メグちゃん超キモカワイイっス ヤバいっス


東国原英夫知事 が選んだ BEST3

○ 第1位 安穂野香
彼いや彼女は高齢化社会における新しいアイドルの形だと思います
移動の車の中で聴く為にCDを購入したいと思ってしまうぐらい大好きです
ぜひ宮崎でのコンサートをお願いしたいです

○ 第2位 風船太郎
人生の哀愁が出ていて
心の底から応援したくなる素晴らしい存在です
人はいつもギリギリの中でがんばっている
そんな事を強く感じさせる風船さん
これからも色んなギリギリを見せて下さい

○ 第3位 アイヒマンスタンダード
あのスベった時の演技力には恐れいった
ネタも意外性があって大好きです

さらに、
神様のコントをするモンスターエンジンもBEST3に入れるか迷いました
宮崎出身のとろサーモンの村田くんにもがんばってもらいたいです
とのことでした。

以前、CBC中部日本放送の『ノブナガ』の後半・「小泉エリのごはんリレー」
にて、宮崎県を訪れたときに、
小泉エリが東国原英夫知事にアポなしインタビューを敢行していましたが、
その時にも、
東国原英夫知事は、
「CBCと言えば『あらびき団』の安穂野香
とおっしゃっておられたので、この1位は予想されたものでした。
東野幸治司会でもある『ノブナガ』でのあの取材で、
安穂野香ファンで、よく『あらびき団』もご覧になっている東国原英夫知事とのことで、
今回選ばれていたのかなあと思われたところでした。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]
スポンサーサイト



『ノブナガ』 げすい番組? 「小泉エリのごはんリレー」は60時間空腹

この春から、関西地区でもMBS毎日放送にて放送されるようになった
CBC中部日本放送の『ノブナガ』なのですが、
7月26日深夜放送分(MBS毎日放送では8月13日深夜放送分)のオープニングにて、
東野幸治が、関西の番組の収録に行ったとき、
「あの番組げすいですね」
と言われたりと、かなり不評だということが報告されていました。

雨上がり決死隊宮迫博之
「決していい顔で言ってこないですよね」
と。
今田耕司は、
「(『ノブナガ』について)大阪では誰も触れて来ない」
とのことでした。

以前、「小泉エリのごはんリレー」で宮崎県を訪れ、宮崎放送に立ち寄ったときに、
宮崎放送では、
視聴者から「エロい」という意見も多くて放送打ち切りになったとのことでしたが、
確かに、「エロい」内容も多い前半・電話コーナーウェブナガではありますが、
いろいろな珍しい職の裏側の話など貴重な話も聞けてな番組だとも思うのですが。

さて、後半・「小泉エリのごはんリレー」は、
「ごはんリレー 213日目 365食目 焼きガキ」
広島県の宮島で、二日連続の定休日に出くわしてでしたが、
今回は、二日目は定休日と思っていなかっただけに、
食べられると思っていたところでお店が開かずで、さらに、ダメージが大きかったようですね。

前回、紹介したとおり、この「ごはんリレー」における外食率は、76%にも及んでいて、
さらに、平日の収録も多いようなので、定休日に出くわしてしまう確率も高いようなのです。

かつて、日本テレビ系の『進め!電波少年』にて、
「熱狂的○○ファン」という、
各プロ野球チームのファンに応援させ、負けると絶食という企画があり、
あまりに負け続けたチームを応援していたファンが、
絶食続きでドクターストップがかかったことがあったと思いますが、
小泉エリも、そういう事態にはなってしまわないように気をつけてもらいたいと思うところです。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

北京五輪開会式の口パク → 口パク芸・エアあやや → はるな愛

北京オリンピック開会式での、
口パクだった女の子・林妙可ちゃんが人気急上昇中とのことで、
最新の映画出演料が、
3分間60万元(約900万円)、
分単位当たり20万元(約300万円)
という高額になっているというニュースが流れていましたが、
そんなニュースを耳にして、
日本でも、
今年、口パク芸でブレイクしている芸人がいたではないかと、ふと思ったのでした。

TBS系の『あらびき団』などでおなじみの、
エアあやや芸で人気となった、はるな愛です。
はるな愛の分単位当たりのギャラはまだまだだとは思いますが。

このところ、はるな愛をテレビで見ない日がないくらい、
松浦亜弥自身よりも、断然、はるな愛のほうがテレビに出てきていてですよね。
松浦亜弥自体がもう下火かと思われていたものの、
はるな愛にモノマネされ、これだけの話題となっていることは、
松浦亜弥自身にとってもプラスなことなように思われるのです。
松浦亜弥サイドも、はるな愛をうまく使っているようですよね。
8月6日深夜放送の『あらびき団』でも、
東野幸治
「ビジネスや」
って発言していましたから。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『ノブナガ』 「ウェブナガ」での元麻酔科女医の話による医療ドラマシーン

以前、『探偵!ナイトスクープ』で、
とうふ屋を舞台としたドラマや映画はたくさんあるのに、
こんにゃく屋を舞台としたドラマや映画は見られないので、
こんにゃく屋の作品を作って欲しいという依頼があったりもしましたが、
ドラマにされる職業というものも世の中の各職業の比率とは異なり、
偏っているものですよね。
ドラマにしやすい職業というものがあるものなのでしょうか。

そのような職業ドラマの中でも、
医者や医療現場を舞台としたドラマというのは、たいへん多く感じられますよね。

今期のドラマでも、
フジテレビ系の『コード・ブルー』やTBS系の『Tomorrow』などが放送されていて、
医療現場を舞台としたドラマが見られなかったシーズンはないくらいに思います。

CBC中部日本放送の『ノブナガ』の前半・電話コーナーウェブナガ
7月19日深夜放送分(MBS毎日放送では8月6日深夜放送分)にて、
元麻酔科の女医に電話取材されていました。
そこで、医療現場を舞台としたドラマにみられるリアリティのようなことにも触れていましたが、
ドラマってけっこういいかげんなものらしいですよね。

以前、知り合いの薬剤師も、医療現場を舞台としたドラマに関して、
見ていておかしなところが多々気になることがあるということを言っていたのを思い出しました。

ノブナガ』での、この元麻酔科の女医も、忠実に再現されているのは、
海外ドラマの『ER緊急救命室』とのことをおっしゃっておられました。
国内のドラマのシーンは、あてにならないというものなのでしょうか。
医療現場を舞台としたドラマは、ドラマにされる割には、再現が不十分なようです。

さて、8月13日放送のMBS毎日放送の『VOICE』にて、
「ドクターヘリを追う!」と題して救命最前線の密着取材を放送していました。

和歌山県は山間部が多く、
県内に3つしかない救命救急センターまで、
車で患者を運ぶには最大で4時間もかかるとのことで、
そこで、県は2003年に年間1億5000万円をかけてドクターヘリを導入、
県内どこへでも30分以内で医師を送り込む体制を作り、
ドクターヘリの年間出動回数は350回にも及んでいるのだそうです。
取材中に、ドクターヘリ要請があり、
川で溺れ昏睡状態の患者を運ぶ様子にも密着していましたが、
ここでも、細かく見ると、
現在、フジテレビ系で放送されている『コード・ブルー』と異なる点も多かったのかもしれません。

まだ、国内ではドクターヘリは14機しか導入されていないらしく、
それだけ、目にする機会も少ないドクターヘリであり、
コード・ブルー』でも、そのようなドクターヘリ救命救急が描かれているわけですが、
コード・ブルー』も、
ドクターヘリの世界が忠実には再現できていないものなのだろうと思ったのでした。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]