FC2ブログ

情報放送局テレビブログ

テレビや番組に関して、さらにそこから発展するいろいろな情報なども紹介

『ロト6で3億2千万円当てた男』 第5話にて第1話の冒頭シーン

8月1日放送のテレビ朝日・朝日放送系の『ロト6で3億2千万円当てた男』第5話にて、
第1話の冒頭シーンにもあった立花悟(反町隆史)の失踪シーンに話は至っていました。
あのシーンは最終話の一部かと思っていたものの、
こんな中盤のシーンであったことがわかり予想外でした。

木下綾乃(小沢真珠)に奪われたと思った全財産も戻ってきて、
ついに、吉村美佳(中島知子)や安岡真弓(眞鍋かをり)に
ロト6で3億2千万円当てたことをバラしてしまったところまでが今回の第5話でした。

第5話終了時で、木下綾乃(小沢真珠)からの返却分を含め
残高2億6756万3300円となっています。

次回、第6話の予告は、
「金に群がる謎の男たちの正体とは」
「勃発!!玉の輿争奪バトル」
「打ち上げ花火に秘められたロト男の想い」
などの文字が躍り、
カウンセラーと偽っていた掛井久志(豊原功補)は
ついに自分の過去を打ち明けるのだそうです。
果たして彼の正体とは…。

とりあえず、前半の展開が一区切りついたような感じであり、
次週からのまた次の展開がどうなるものなのか楽しみなところです。

今期2008年7月期ドラマの中でも
ロト6で3億2千万円当てた男』は、
本当にロト6で大金を当てた男性がその体験をつづった
ノンフィクション書籍「ロト6で3億2千万当てた男の悲劇」に基づいてのドラマとのことで、
リアリティーもあり、個人的には期待を寄せていたのですが、
視聴率のほうは、
第1話 12.4%
第2話  6.8%
第3話  6.0%
第4話  4.7%
と、どんどん下降してしまっているようです。
こうも視聴率が落ち込んでくると、後半の視聴率巻き返しも難しいものと思われるところです。

また、喫茶店のマスターが、世界のナベアツこと渡辺鐘ではなくなっていたことが
ちょっと気になった第5話だったのでした。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]
スポンサーサイト