情報放送局テレビブログ

テレビや番組に関して、さらにそこから発展するいろいろな情報なども紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『全国高校生クイズ2008』四国・岡山大会 『ノブナガ』でもクイズマニア取材

CBC中部日本放送の『ノブナガ』の前半・電話コーナーウェブナガ
8月9日深夜放送分(MBS毎日放送では8月27日深夜放送分)では、
クイズマニアの方に電話取材されていました。

ここでも紹介されていたように、現在、再びクイズ番組ブームであり、
数々のクイズ番組が乱立しています。
しかし、以前あったクイズ番組ブームに比べると、
現在のクイズ番組は、芸能人でのクイズ番組が主体であり、
以前のクイズ番組ブームの時代のものとは違っているものになっています。

以前のクイズ番組ブームの時には、
日本テレビ系の『アメリカ横断ウルトラクイズ』をはじめ、
フジテレビ系の『FNS1億2000万人のクイズ王決定戦』、
TBS系の『史上最強のクイズ王決定戦』などなど、
一般視聴者によるクイズ王を決める番組が主体であったと思います。
今日は、そのころのクイズ番組ブームから続く、
長寿番組でもあり、夏の恒例のイベントともなっている『高校生クイズ』についてです。

以前、鈴木亜美の「ONE」が
高校生クイズ』応援ソングに決定したというニュースをここでも紹介させてもらったのも、
もう2ヶ月以上前のことであり、
この夏に『高校生クイズ』は、
全国各所での地方大会を終え、
今月、全国大会の収録も終え、その放送ももうすぐに迫ってきています。

8月30日13:30~、RNC西日本放送にて、
第28回高校生クイズ 四国・岡山大会
が放送されました。
オープニングでは、1983年の第1回での初代司会・福留功男元アナウンサー、
2代目司会・福澤朗元アナウンサーの映像も流されるなど、
歴史ある番組であることを実感させられるものでした。

今年は、高校生自身が第1問目の○×クイズ問題を考えたようですね。
さらに、その第1問目の○×クイズ問題として採用されると、
その問題の答えはわかるので、1問目通過という特典があるわけですね~と思ったら、
それどころか、県代表準決勝進出決定になるとのこと。
ちょっとやりすぎ感もあるものの、
四国・岡山大会では、高知商業高校のチームがこれに選ばれていました。
ちなみにその問題は、
「1964年東京オリンピック以降の夏のオリンピックで
日本が獲得した金メダル数が最も多かった大会はアテネ大会である」
というもので、正解は「○」とのことでした。

「○×クイズ」のあとは、
準決勝「5感クイズ&100問ペーパークイズ」と続きます。

100問ペーパークイズを挟んだことは、
真の知識力を確かめるためによかったのではないのでしょうか。
近年の、『高校生クイズ』はバラエティー要素を強めているためか、
ゲーム性の高いものが多いように感じ、
本当の「クイズ王」なるものが必ずしも選ばれていないようにも感じてしまっていましたから。

決勝戦は「う~!どんと来い!麺棒早押しクイズ」
3人の麺棒を転がした数が規定数に達すると解答権が得られるというもので、
パフォーマンスとして、これまでにも何度か見かけた早押し作動方法のクイズでした。

これらのクイズを経て、代表校は、

岡山県 私立岡山高校
香川県 県立高松高校
愛媛県 県立松山南校
高知県 私立土佐高校
徳島県 私立徳島文理高校

となったようです。

「私立岡山高校」は私の出身校でもあります。全国大会もがんばってもらいたいところです。

全国大会『第28回全国高等学校クイズ選手権』の放送は、9月5日19時~とのことで、
昨年までは、
金曜21時~の『金曜ロードショー』の時間帯枠で放送されていたものと思われるものの、
今年から、放送時間帯を2時間繰り上げるようです。
近年の低視聴率を挽回するためかと思われる時間帯移動です。
例年より、放送時間が早まっている点にご注意を。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]
スポンサーサイト

『ナニコレ珍百景』 「焼飯 チャーハン付き」「魚のスーパーアイドル」

8月27日深夜放送のテレビ朝日系の『ナニコレ珍百景』にて、
京都府京都市の「チャーハンだらけのお店」が紹介されていました。
チャーミングチャーハンという京都のお店らしく、
すべてのメニューにチャーハンが付いているとのこと。
以前、『探偵!ナイトスクープ』にて、
「チャーハン付き焼飯」というものが小ネタ集で取り上げられていたと思うのですが、
同じお店ですよね。たぶんなのですが。
「焼飯 チャーハン付き」のネーミングで、
同じ量のチャーハンが2つ並ぶ「ダブルチャーハン」の画は、ちょっと笑えますね。(笑)

また、
愛媛県今治市の「魚のスーパーアイドル」として紹介された
人懐っこいコブダイも、
何の番組でだったか忘れたものの、
ここ1週間以内に、他の情報番組でも目にしたもので、
それもコブダイだったので、同じコブダイだと思われるのでした。

既出なネタも増えてきたように感じた
ナニコレ珍百景』だったのでした。

[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『オビラジR』 ホームスタースパ・5秒スタジアム・桜井美春・ミテルだけ・MAPLUS2

8月26日深夜放送のTBS系の『オビラジR』では、
押さえておきたい最新エンタメ情報、
エンタメ・オビファイブにて、以下の5つが紹介されていました。

No.1 「ホームスタースパ
No.2 「5秒スタジアム
No.3 「桜井美春
No.4 「ミテルだけ
No.5 「MAPLUS2

桜井美春」は、
先日8月20日深夜放送の朝日放送の『今ちゃんの「実は…」』でも、
取り上げられていましたね!

No.1 「ホームスタースパ」とは、
プラネタリウムクリエイターの大平貴之が監修した
お風呂で楽しめる浴室用のプラネタリウムとのことだそうで、
9月発売予定だそうです。
商品はこちら

No.2 「5秒スタジアム」とは、
5秒ピッタリでストップを目指すシンプルなゲームで、
250万個を売り上げた∞プチプチ
枝豆の感触を再現し100万個を売り上げた∞エダマメを開発したチームの制作だそうです。
5秒で止める確率は約0.5%の難しさで、
200~300人の人が1回チャレンジして出るかでないかとのこと。
そこで、『オビラジR』のタイムキーパー・野村佳乃子が挑戦。
一発で、「5秒ジャスト!」を決めていました。さすがです。
商品はこちら

No.3 「桜井美春」とは、
今年4月デビューの注目のグラビアアイドルとのことで、
なんと、年齢は41歳のAround40(アラフォー)グラドル。
今ちゃんの「実は…」』のときと同様、
37歳のときに23歳と14歳もサバを読んで
レースクイーンも経験しているということも紹介されていました。

No.4 「ミテルだけ」とは、
50人の女性が見つめてくれる
今話題の人見知り克服DVDソフトのことで、
ケンドーコバヤシもこれは知ってると言っていたとおり、
発売時に情報番組で盛んに取り上げられていたこともあり、
すでに知名度も高かったのではと思われます。
商品はこちら

No.5 「MAPLUS2」とは、
PSP専用ソフトのカーナビソフトのことだそうです。
ナビの声は、
古谷徹池田秀一増山江威子釘宮理恵緑川光若本規夫落合祐里香と、
7人の有名声優さんとのことで人気なのだそうです。
商品はこちら



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『誠のサイキック青年団』 小倉優子に続き藤崎奈々子もお店を

8月24日深夜放送のABCラジオ『誠のサイキック青年団』にて、
ゆうこりんこと小倉優子の焼き肉屋「焼肉小倉優子」に続き、
島木譲二も焼き肉屋、
藤崎奈々子は、「藤崎奈々子は豚骨ラーメン」
というお店をはじめているということが紹介されていました。
たむけんことたむらけんじの焼き肉屋「炭火焼肉たむら」のヒットに続き、
同様の芸能人のお店が続々進出のようですが、
かつみ・さゆりのラーメン屋
「ボヨヨンラーメンウマインジャー」はあっけなくつぶれていますし、
商売、それほど甘いものではないですよね。
1年後、2年後に、これらのお店はすべて生き残っているのでしょうか。
なお、
「焼肉小倉優子」のHPは、こちら
藤崎奈々子は豚骨ラーメン」のHPは、こちら
どちらも、小倉優子藤崎奈々子それぞれの写真をたくさん使って作られています。

さて、もうひとつ気になったことなのですが、
北野誠って、
月曜朝は、テレビ朝日系の『やじうまプラス』に出演されておられますよね。
日曜深夜は、こうやって、
ABCラジオ『誠のサイキック青年団』も大阪にて生放送でされているわけで。
やじうまプラス』も生放送で、スタジオは東京だと思われるのですが、
ABCラジオ『誠のサイキック青年団』の生放送を終えた、
午前2時45分から、どういう移動手段にて、
午前6時からの『やじうまプラス』に行き着いているのかなあとちょっと疑問に思ったのでした。




[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『炎神戦隊ゴーオンジャー』 オープニング字幕にて「エド・はるみ」「及川奈央」

さて、8月24日、日曜日の朝、
日本テレビ系の『所さんの目がテン!』の後、
テレビ朝日系にチャンネルを変えてみると、
昔ながらの番組ですが、戦隊モノって、まだシリーズを変えながら続いているものなんですね。
炎神戦隊ゴーオンジャー』という戦隊モノのオープニングを目にしたのでした。

オープニングの字幕スーパーで、
エド・はるみ」の文字が。

エド・はるみって、戦隊モノにまで参加ですか。
TBS系の『Tomorrow』で、女優もやっていますし、
来週は、日本テレビ系の『24時間テレビ』でマラソンのようですし、
ほんと、今年、大ブレイクのエド・はるみですよね。
2008年のブレイク度、ナンバー1ではないでしょうか。

また、もうひとつ、オープニングの字幕スーパーで気になった名前で、
及川奈央」の文字。

及川奈央って元AV女優ではありませんか。
ネットで検索もかけて確認もしてみたところやはり。
これまでにも、AV女優で戦隊モノ出演した実績があるのは、
1996年の、七瀬理香水谷リカ) 『激走戦隊カーレンジャー
1997年の、城麻美 『電磁戦隊メガレンジャー
1998年の、水谷ケイ 『星獣戦隊ギンガマン
などなのだそうです。

そういえば、かつて、ABCラジオ『誠のサイキック青年団』でも、
北野誠がよくこれらに関して触れていた時代があったようなことを思い出したのでした。
子供向け番組にAV女優を起用するのもと批判の声もあがりそうなものの、
元AV女優だからといって差別するのも問題ですものね。




[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『所さんの目がテン!』 日本テレビ日曜朝の隠れた長寿科学番組

今朝、日曜日の朝、早起きしたのでふとテレビをつけたところ、
日本テレビ系にて、『所さんの目がテン!』を目にしたのでした。
今日、8月24日の放送では「エチゼンクラゲ」を特集していました。

初期のころだったと思われるものの、
所ジョージのほかに、
馬場憲治リポーター、鈴木君枝アナウンサーの3人が番組をやっていた時代には、
よく見ていた『所さんの目がテン!』だったものの、
最近はまったく見ることもなくなっていたのでしたが、 
かなり久しぶりに『所さんの目がテン!』を目にして、
いまだに番組がちゃんと続いていたことに、ちょっと驚きと、
懐かしさも感じたのでした。

そんな『所さんの目がテン!』っていつ頃から放送されていたんだろうと思って、
ネットで検索をかけたところ、
公式HPの下に、『所さんの目がテン!』のヒストリーのページを見つけたのでした。
そちらを拝見したところ、
所さんの目がテン!』は1989年の10月スタートということで、
もうこの秋で、19周年を迎えるようです。
探偵!ナイトスクープ』に続くクラスの長寿番組です。
所さんの目がテン!』の担当アナウンサーも3人も世代交代していっているんですね。
初代、鈴木君枝の時代が最も印象的で、
2代目、魚住りえの時も記憶にはあるものの、
3代目とのことの佐藤良子アナウンサーというのは馴染みがなくてだったのですが。

これほどの長寿番組って、なかなかないものですよね。
それも、このような、毎週何かにスポットを当てての科学番組だなんて、
よくテーマのネタが続いているものだと感心させられるものでもあります。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『探偵!ナイトスクープ』 「形見のラジコンを直して!」での見事な調査

8月22日放送の朝日放送の『探偵!ナイトスクープ』1本目は
長原成樹探偵の「形見のラジコンを直して!」でした。

おじいさんからもらった、
何年か前に亡くなった息子さんの形見であるラジコンカーを直してほしいという依頼で、
まずは、
元自動車整備工場勤務という長原成樹探偵が、
プロジェクトX』風に、先日の「泥舟は浮く!?」の時にも使われていた「地上の星」をBGMに、
この42年前のシルビアのラジコンカーの修理に取り掛かかるが
それはパフォーマンスだけで、すぐにあきらめるという
ナイトスクープの定番の展開を経て、
購入した「阪急百貨店・梅田本店」へ向かったのでした。

阪急百貨店では、親切な担当の方・矢野剛さんが対応して詳細を調べてくださり、
製造元は「丸正通信精器」という会社であることを突き止めるも、
会社はもうなくなってしまっていてで振り出しへ。
さらに、矢野剛さんは、
昭和39年創刊の古くからのラジコン誌「ラジコン技術」を紹介してくださり、
そちらに連絡を取り、
「丸正通信精器」の技術者だったナカムラケンジさんという方の情報をいただき、
ナカムラさんをを訪ねて、
「省電舎」という会社へ出向くのでした。

「省電舎」を訪ねると、中村健治さんはこの会社の社長さんということがわかり、
さらに、このシルビアのラジコンカーを作った本人であることもわかり、
たまたま偶然であると思われるのに、
このような調査で当時の製作担当の方に行き着くナイトスクープの調査のすばらしさらを
実感させられる名調査だったように感じられました。

中村健治さん自身も42年前の自分の担当した商品を目の前にして、
感激のあまりだったと思われ、
「こんなことってあるんだね」っておっしゃっておられました。

探偵!ナイトスクープ』は、2割は事前調査で、8割はぶっつけ調査ということを、
以前のナイトスクープ関連の出版物で読んだおぼえがあります。

今回の依頼は、
たまたま行き着いた社長がなんとこのラジコンカーを作ったその人だったという展開に
驚かされるものでしたが、
おそらく、これは8割のぶっつけ調査のたまものだったものと思われるのです。
 
こういう展開が、『探偵!ナイトスクープ』のシナリオのないすばらしい点でありますよね。

20周年を迎えた『探偵!ナイトスクープ』も衰えはなく、
またもや、なかなかの名作に感じさせられた依頼だったのでした。

ちなみに、
2本目は、石田靖探偵の「38年ぶりの卓球対決!?」
3本目は、竹山隆範探偵の「人生をグラフにすると!?」
でした。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『ナニコレ珍百景』ゴールデン進出 『今ちゃんの「実は…」』でも同ネタ

8月20日深夜放送の朝日放送の『今ちゃんの「実は…」』では、
「タイガー・ウッズより凄いティーショットを打つ男がいる」
という「実は…」が放送されていました。

十勝・帯広へ取材に出向いていて、
とあるホテルの社長さんと紹介されていたところで、
ピンときたのでした。

以前、テレビ朝日系の『ナニコレ珍百景』でも紹介されていた、
熱気球の上でティーショットを打つあの社長さんだと。

ナニコレ珍百景』は、数多く紹介していくので、
紹介されていた時間は短かったですが、
今回の『今ちゃんの「実は…」
では、じっくりと取材されていました。
しかし、関西制作の番組が北海道にまで取材に出かけるなんて。

さて、そんな『今ちゃんの「実は…」』より一歩先に取材していた
ナニコレ珍百景』なのですが、
ナニコレ珍百景』が、
この秋から、ゴールデン枠への移動が決まったとのニュースが昨日流れていました。

テレビ朝日の深夜番組って、深夜のネオバラエティ枠からスタートして、
のちにゴールデン枠への進出というパターンが特に多いように感じます。
クイズ雑学王』『くりぃむナントカ』などもそうですよね。
そもそもゴールデンタイムでの放送も視野に入れてで、
深夜で試してみてって感じなのでしょうか。
深夜枠でも、なかなか質のよい、
ゴールデン枠でも通用しそうな番組を多く放送する傾向にある
テレビ朝日には感じていますから。

私は、深夜番組時代は見ていたものの、
ゴールデンタイムに進出してからは見なくなってしまうほうなのですが。
なので、深夜時間帯に定着してみていた番組が、
ゴールデン枠への進出というのは、ちょっと寂しいものでもあるのですが。

銭形金太郎』も深夜時代はほぼ欠かさず見ていたのに、
ゴールデン枠に移動してからはほとんど見ることもなく、
気がつけば、いつの間にか、番組が終了していたほどでしたよ。

さて、話はまた
今ちゃんの「実は…」』に戻り、
8月20日深夜の放送内で、
桜井美春というグラビアアイドルが紹介されていたのですが、
なんと、この方、「実は…」41歳。
日本最年長のグラビアアイドルとのこと。
しかし、41歳とは思えない美貌で、
37歳のときに23歳と14歳もサバを読んで
レースクイーンも経験しているということが紹介されていました。
31歳のほしのあきをさらに超えるようなグラビアアイドルもおられるものなんですね。
ちょっと驚きだったのでした。
これもある意味『ナニコレ珍百景』だったのでした。

[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『オビラジR』 コアラのマーチの夏休み・夢VS・フン女子・エマ・鉄バイエル

8月19日深夜放送のTBS系の『オビラジR』では、
押さえておきたい最新エンタメ情報、
エンタメ・オビファイブにて、以下の5つが紹介されていました。

No.1 「コアラのマーチの夏休み
No.2 「夢VS
No.3 「フン女子
No.4 「エマ
No.5 「鉄バイエル

No.1 「コアラのマーチの夏休み」は、
コアラのマーチやトッポ、ガーナチョコレートなどのお菓子で作る
コアラのマーチの夏休みの風景が作れる手作りサマーキットのことだそうです。

No.2 「夢VS」とは、
ガッチャマンVSストリートファイターということで、
タツノコプロとカプコンの夢のコラボーレーション対決の新ゲームだそうです。

MUTEKI」が紹介されたときの先輩たちからの問い合わせはすごかったと、
オリエンタルラジオ中田敦彦が番組冒頭でコメントしてもいましたが、
MUTEKI」以来の衝撃が走ると踏んでいるとの
自信を持ってのフリで、オリエンタルラジオ藤森慎吾が紹介した
No.3 「フン女子」とは、
ふんどしをはく女性のこととのことでした。
パンドルショーツと呼ばれる女性用ふんどしがヒットしかけているということは、
半月ほど前にも日本テレビ系の『オジサンズ11』でも紹介されていたと思います。
さらに、2006年の春には、この女性用フンドシ開発者の話は、
CBC中部日本放送の『ノブナガ』の前半・電話コーナーでも
すでに取り上げられていました。
女性用ふんどしブームは本当に訪れかけているのでしょうか。
パンドルショーツの普及率を知ってみたいものです。
スタジオでは、人気1位の豹柄やハート型のパンドルショーツも
モデルさんの試着で紹介されていました。
商品はこちら

No.4 「エマ」とは、
女性型プライベートアンドロイドのことだそうです。
商品はこちら

No.5 「鉄バイエル」とは、
鉄道の発車メロディ楽譜集のことで、
これまで楽譜におこされていなかった各駅での発車メロディを
松澤健さんが楽譜におこしたものだそうです。
鉄のバイエル」はこちら

また、番組冒頭で紹介されていたオリエンタルラジオのDVD、
オリエンタルラジオ 全国漫才ライブツアー 才(ザイ)
は、8月20日発売です。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『ザ!鉄腕!DASH!!』 ソーラーカーだん吉はついに静岡県へ

日本テレビ系の『ザ!鉄腕!DASH!!』の
「ソーラーカー日本一周ひとふで書きの旅」は、
8月17日の放送で、ついに静岡県入りとなり、
残すは、静岡県 → 神奈川県 → 東京都と、
長く続いてきた企画もやっとゴールが見えてきたように感じます。

さて、そんなソーラーカーだん吉を見て、
改めて、ソーラーカーだん吉の仕様が気になり、ネットを検索してみたのでした。

いつかの放送で、だん吉の後部スペースには、
多数のバッテリーが敷き詰められていたのを見た記憶があるのですが、
いったいどれくらいのバッテリーを搭載しているものなのかと思って。

ネット検索してみたものの、
ソーラーカーだん吉の仕様は正式には公表されていないようだったものの、
だん吉の仕様について、推定分析しているこちらのブログ記事を見つけたのでした。

日が暮れると、間もなくバッテリーも尽きてしまうことから、
ちょっとやそっとの太陽光では、
充電しながらの走行なんて行えていないことは見ていて分かるものでしたが、
こちらのブログ記事による分析では、
あのバッテリーを空からフル充電させるためには、
約13日間かかるだろうとのことが書かれていました。
つまり、ソーラーカーだん吉のロケは2週間に1回ぐらいしか行えないとのことでした。

毎週放送されている番組で、これではおかしいのではとの疑問も生じるかもしれませんが、
以前は、特にプロ野球巨人戦で、
放送が飛んでしまうことが多かった『ザ!鉄腕!DASH!!』であり、
年間の『ザ!鉄腕!DASH!!』自体の放送回数も少なかったことや、
近年も「ソーラーカー」の放送が必ずしも毎週放送されてる企画ではないので、
年間の「ソーラーカー」の放送回数は詳細には調べ切れていないものの、
おそらく、25回程度になるのではとも思われ、
年間通してみると、このつじつまは合っているように感じます。
おそらく、フル充電に2週間を要してしまうためでしょうし、
この推定値は正しいものだと思われます。

このだん吉のソーラーカーとしての能力というのは、やはりまだまだ低いようですね。
特に、ソーラーカーというよりバッテリーメインで走っている感覚なので、
バッテリーカーと言ったほうがよいのかもしれません。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『世界の果てまでイッテQ!』 松嶋尚美の世界遺産深夜特急 香港~ロンドン

8月17日放送の日本テレビ系の『世界の果てまでイッテQ!』では、
「世界遺産100個を100万円で見られるのか?」という企画がスタートしました。
世界遺産を1つ訪れるごとに旅資金1万円が支給され、
移動費、食費、宿泊費をそこからまかなわなければならないという企画であり、
世界遺産の勉強にもなる企画でもあり、ちょっと見入ってしまったのでした。

今回のこの世界遺産の旅に挑むのは、新婚ホヤホヤのオセロ・松嶋尚美で、
昭和の大ベストセラー・沢木耕太郎深夜特急にならっての
香港を出発点としてロンドンを目指すという、
まさにユーラシア大陸横断という旅の規模を予定しているようです。
かつての『進め!電波少年』の猿岩石のような旅の規模ですね。

今回の放送では、
まず1つ目の世界遺産として、
「マカオ歴史市街地区」を巡り、
マカオでは、カジノでまさかの大勝! 元手の6倍!
こんなのもアリなルールなんですね、この旅は。
期待とは裏腹に、
所持金を増やして少しリッチな旅を楽しみ始める松嶋尚美でした。

2日がかりでマカオを制覇した松嶋尚美は、
次は、一気にベトナムを目指しての中国本土を通過する大移動に出たものの、
途中、広州駅で最終電車に乗り遅れ、夜行バス移動となり、
長距離バス4連続の25時間バス移動となったのでした。
さっそく、そんな『水曜どうでしょう』並みの過酷ロケもをやってのけた今回の旅行に
感心もさせられたのでした。

ベトナムに入ってのバスの中で、
フランスパン4つを4万ドンで購入した松嶋尚美でしたが、
そこで、スタッフから
「今調べたところ本来は2千ドン(約13円)らしいです」
と言われるも、スタッフの言いたいことがよく飲み込めていないらしく、
「じゃあサービス?」
と答え、もう一度ゆっくりと問答を繰り返したところで、
「メッチャぼったくられてる」
とやっと理解してくれてで、
きらきらアフロ』でもよく見せる
松嶋尚美の天然ぶりをここでも披露してくれていてでした。

そして、なんとか2つ目の世界自然遺産「ハロン湾」へ到着し、
4日間のこの旅の第一弾終了となったのでした。

この旅を見て思ったことは、
香港までの飛行機代も気になるところなので、
できたら、東京スタートの、
日本国内の世界遺産をまわりながら、
海外行きの飛行機代を貯めてのって企画でやってみてもらえたら、
よかったのではないのかなあとも思ったところなんですが、
国内は物価も高いですから、国内の世界遺産を1つまわって1万円では、
国外脱出の費用が貯まりそうにないからですかねえ。
ヨーロッパに近づけば物価も高くなるだろうから、
1万円では厳しくなってくるのではと松嶋尚美も心配していましたし。

さて、この旅、今後どうなっていくのやら、ちょっと気になる企画でした。

世界の果てまでイッテQ!』後半は、
「夏休み特別企画!黄金に輝くお宝を探せ!」
とのことで、川底に沈んでいるはずの小判を探すという企画で、
24時間テレビ』の企画の前振りという感じのものでした。
もう、『24時間テレビ』の時期なんですね。
この「夏休み特別企画」は『24時間テレビ』内、8月31日に生放送予定らしいです。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『着信御礼!ケータイ大喜利』は夏の陣 100万円争奪CMコピー投稿も?

今日、8月16日は、20:30~、東京・渋谷NHKにて、
ケータイ大喜利スペシャル ~SHIBUYA 夏の陣~
の公開収録はあるものの、
この放送は、9月6日の16:00~とのことで、
今夜は、『着信御礼!ケータイ大喜利』の放送はないようですね。
9月6日の深夜24:35~の放送も、
20分でふりかえるケータイ大喜利』とのことで、総集編なのでしょうか。

次回の生放送は、9月20日深夜24:10~とのことで、
1ヶ月以上も先とは、ちょっと寂しいものですね。

さて、そんな『着信御礼!ケータイ大喜利』ファンは、
投稿できずでちょっとむずむずしちゃってきていないでしょうか?

そんな投稿ファンのために、
着信御礼!ケータイ大喜利』と同じように、
ユニークなコピーを考えての投稿モノで、
さらに賞金も有りというものを発見いたしました!

ラジオCMなのですが、
「第2回 100万円争奪! 文化放送ラジオCMコンテスト」
というものを発見したのです。

協賛社のいくつかの商品課題に沿った20秒のラジオCMコピーを募集というもので、
賞金は100万円だそうです!

100万円 グランプリ(1本)
 10万円 審査員賞(5本)
 10万円 リスナー大賞(1本)
  3万円 優秀賞(11本)

約100字という、『着信御礼!ケータイ大喜利』より、ちょっとだけ長めな課題かもですが、
その分、展開を勝手に作り上げることもでき、より作りやすいかもしれませんし、
お題も多数用意されていて、そこから選ぶことができますし、
前回、第1回のCMコンテストの受賞作品も紹介されており、
それも参考にしてキャッチコピーを考えることができ、
チャレンジしてみたらおもしろい企画に感じました!

着信御礼!ケータイ大喜利』と同じように
お一人、何作でも応募可能とのことですし、
数打てば入賞するかもですよ!

締め切りは、2008年10月31日までとのことで、
まだまだじっくり考える時間ありです。

着信御礼!ケータイ大喜利』などの投稿チャレンジャーの方々、
ぜひ、この
「第2回 100万円争奪! 文化放送ラジオCMコンテスト」
にもチャレンジしてみてはいかがでしょう?



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『探偵!ナイトスクープ』 「2008プチアカデミー大賞」と「名乗り出てください」

8月15日放送の朝日放送の『探偵!ナイトスクープ』は、
「2008プチアカデミー大賞」と「名乗り出てください」でした。


「2008プチアカデミー大賞」は、

「驚異の人間大賞」
08/03/21放送 「150キロの球を打つ速読の女教師」 たむらけんじ探偵 (呉真由美さん)
08/06/27放送 「子供に自慢できる母のワザ」 桂小枝探偵 (広中茜さん)
08/08/01放送 「つまようじ名人のワザ」 桂小枝探偵 (山薗隆志さん)
07/01/26放送 「人間パラダイスを越える大技」 竹山隆範探偵 (木村圭太さん)
07/03/16放送 「ありえない縄跳び再挑戦」 竹山隆範探偵 (木村圭太さん)
07/11/23放送 「全裸になるオヤジ!?」 長原成樹探偵 (弘田正行さん)
07/11/09放送 「壮絶!腹の殴り合い」 長原成樹探偵 (山西一弘さん)

「ミステリー大賞」
08/04/08放送 「ズボンが脱げるすべり台」 間寛平探偵
06/09/29放送 「恐怖!ジェニー人形の靴」 桂小枝探偵
07/09/21放送 「摩訶不思議!?卵にスス」 石田靖探偵
08/03/21放送 「ラーメン店にトミーズが・・・」 たむらけんじ探偵
07/09/07放送 「ギャルはキャー!おばちゃんはオッ?」 北野誠探偵

「おならでナイトスクープ大賞」
08/05/30放送 「おならでナイトスクープ!?」 たむらけんじ探偵


「名乗り出てください」での今回の呼びかけ依頼は、

○ 90/06/23放送  「喜怒哀楽の謎」 越前屋俵太探偵
  ご出演の 街頭調査に協力していただいた皆さん
 
○ 94/10/21放送  「パルナスの歌」 北野誠探偵
  依頼者の 山中由美子さん
  ご出演の 街頭調査に協力していただいた皆さん
 
○ 91/09/20放送  「お姉ちゃんとおばちゃんの境界線」 桂小枝探偵
  ご出演の 当時24~27歳、34歳、35歳、52歳、53歳の方

の3作品でした。

「お姉ちゃんとおばちゃんの境界線」に関しては、
昨年のDVDにも収録予定だったようで、
2007年6月15日放送の「名乗り出てください!」でも出演者を探す同様の呼びかけがあり、
判定してくれた少年2人と当時21~23歳の5人の方は
前回の捜索で見つかったようなのですが、
2年に渡る捜索でもいまだ収録に至れていない依頼です。
有力情報ご提供を!


ご本人、または以上の方をご存知の方は、
はがきに、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記の上
 
〒530-8011 「探偵!ナイトスクープ」名乗り出てください係まで

または、 こちら まで




[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『情報ライブ ミヤネ屋』 グーグルマップストリートビュー機能を特集

8月15日放送の読売テレビの『情報ライブ ミヤネ屋』にて、
今月5日からサービスを開始したグーグルストリートビューを紹介していました。
この機能のサービス開始をまだ知らなかったのですが、なかなかすごい機能のようですね。
360度周り一周どころか空を見上げた角度の風景も楽しむことができるようで、
グーグルマップの航空写真の機能からさらにかなり発展したこの機能に感心したのでした。

この撮影には、
グーグルストリートビューカーと呼ばれるプリウスのルーフの上に高いアンテナを立て、
その天辺に設置した特殊なカメラによって、撮影が行われているらしく、
そのプリウスカーの写真も紹介されていました。
道路を走行させながら撮影していくようで、
たまたま撮影された、
電車車両を運ぶトラックの映像、道路脇の民家火災の映像、
軽犯罪とも思える犯行現場など、
珍しい映像なども撮影され公開されてしまっているとのことで、
プライバシーの問題も出てきているとの指摘もされていました。

番組に出演されていた北野誠によると、
「もうすでにグーグルストリートビューベストなどのHPが立ち上がってるんですよ」
とのことでしたが、そのようなサイトもあったりなのでしょうか。

ちなみに、このグーグルストリートビューカーのプリウスって、
国内には何台ぐらい走らせて撮影を行っているんでしょうね。
まだ国内は12都市しか公開していないとのことですが、
今後、国内の都市を全部網羅させようとした場合、
主な道路を撮影走行させるだけでも、
けっこうな時間を要する作業なのではと思っちゃったのでした。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『探偵!ナイトスクープ』 「夏の総集編」と「名乗り出てください!」

8月15日放送の朝日放送の『探偵!ナイトスクープ』は、「夏の総集編」です。

1本目は「脅威の人間編」
08/03/21放送 「150キロの球を打つ速読の女教師」 たむらけんじ探偵
07/11/23放送 「全裸になるオヤジ!?」 長原成樹探偵
07/11/09放送 「壮絶!腹の殴り合い対決」 長原成樹探偵
08/06/27放送 「子どもに自慢できる母のワザ」 桂小枝探偵
08/08/01放送 「つまようじ名人のワザ」 桂小枝探偵
07/01/26放送 「人間パラダイスを越える大技」 竹山隆範探偵
07/03/16放送 「ありえない縄跳び再挑戦」 竹山隆範探偵

2本目は「ミステリー編」
06/09/29放送 「ジェニー人形の靴」 桂小枝探偵
07/09/21放送 「卵にスス」 石田靖探偵
08/04/08放送 「ズボンが脱げるすべり台」 間寛平探偵
07/09/07放送 「ギャルはキャー!おばちゃんはウォー?」 北野誠探偵
08/03/21放送 「ラーメン屋にトミーズが・・・」 たむらけんじ探偵

3本目は「爆笑編」
08/05/30放送 「おならでナイトスクープ!?」 たむらけんじ探偵


4本目は「名乗り出てください!」
今回の呼びかけ依頼は、

90/06/23放送 「喜怒哀楽の謎」 越前屋俵太探偵
94/10/21放送 「パルナスの歌」 北野誠探偵
91/09/20放送 「お姉ちゃんとおばちゃんの境界線」 桂小枝探偵

の3作品です。

「お姉ちゃんとおばちゃんの境界線」に関しては、
昨年のDVDにも収録予定だったようで、
2007年6月15日放送の「名乗り出てください!」でも出演者を探す同様の呼びかけがあり、
2年に渡る捜索でもいまだ収録に至れていない依頼です。
有力情報ご提供を!



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『あらびき団』 Perfume・DAIGO・東国原英夫が選ぶあらびき芸BEST3

8月13日深夜放送のTBS系の『あらびき団』では、
「有名芸能人がもう一度見たいあらびきパフォーマーBEST3」が放送されました。
各BEST3は以下の通り。


Perfume が選んだ BEST3

○ 第1位 モンスターエンジン
初めて見たときの衝撃が忘れられません!
自分たちのラジオでもネタをパクってやらせてもらってます

○ 第2位 鳥居みゆき
見る度に元気が出ます!
カメラがグワングワンなるのもお気に入りです

○ 第3位 チーム秒殺
COWCOW多田の「俺カッコイイでしょ」的な顔がたまらなかったです


DAIGO率いるBREAKERZ が選んだ BEST3

○ 第1位 ガリガリガリクソン
ニート最高ウィッシュ!
ガチで超リスペクトなんスけど

○ 第2位 ふとっちょ☆カウボーイ
メタボ最高!
太っちょかわウィッシュ!

○ 第3位 メグちゃん
っていうかマジでガチで始めてみたとき思ったんスけど
メグちゃん超キモカワイイっス ヤバいっス


東国原英夫知事 が選んだ BEST3

○ 第1位 安穂野香
彼いや彼女は高齢化社会における新しいアイドルの形だと思います
移動の車の中で聴く為にCDを購入したいと思ってしまうぐらい大好きです
ぜひ宮崎でのコンサートをお願いしたいです

○ 第2位 風船太郎
人生の哀愁が出ていて
心の底から応援したくなる素晴らしい存在です
人はいつもギリギリの中でがんばっている
そんな事を強く感じさせる風船さん
これからも色んなギリギリを見せて下さい

○ 第3位 アイヒマンスタンダード
あのスベった時の演技力には恐れいった
ネタも意外性があって大好きです

さらに、
神様のコントをするモンスターエンジンもBEST3に入れるか迷いました
宮崎出身のとろサーモンの村田くんにもがんばってもらいたいです
とのことでした。

以前、CBC中部日本放送の『ノブナガ』の後半・「小泉エリのごはんリレー」
にて、宮崎県を訪れたときに、
小泉エリが東国原英夫知事にアポなしインタビューを敢行していましたが、
その時にも、
東国原英夫知事は、
「CBCと言えば『あらびき団』の安穂野香
とおっしゃっておられたので、この1位は予想されたものでした。
東野幸治司会でもある『ノブナガ』でのあの取材で、
安穂野香ファンで、よく『あらびき団』もご覧になっている東国原英夫知事とのことで、
今回選ばれていたのかなあと思われたところでした。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『ノブナガ』 げすい番組? 「小泉エリのごはんリレー」は60時間空腹

この春から、関西地区でもMBS毎日放送にて放送されるようになった
CBC中部日本放送の『ノブナガ』なのですが、
7月26日深夜放送分(MBS毎日放送では8月13日深夜放送分)のオープニングにて、
東野幸治が、関西の番組の収録に行ったとき、
「あの番組げすいですね」
と言われたりと、かなり不評だということが報告されていました。

雨上がり決死隊宮迫博之
「決していい顔で言ってこないですよね」
と。
今田耕司は、
「(『ノブナガ』について)大阪では誰も触れて来ない」
とのことでした。

以前、「小泉エリのごはんリレー」で宮崎県を訪れ、宮崎放送に立ち寄ったときに、
宮崎放送では、
視聴者から「エロい」という意見も多くて放送打ち切りになったとのことでしたが、
確かに、「エロい」内容も多い前半・電話コーナーウェブナガではありますが、
いろいろな珍しい職の裏側の話など貴重な話も聞けてな番組だとも思うのですが。

さて、後半・「小泉エリのごはんリレー」は、
「ごはんリレー 213日目 365食目 焼きガキ」
広島県の宮島で、二日連続の定休日に出くわしてでしたが、
今回は、二日目は定休日と思っていなかっただけに、
食べられると思っていたところでお店が開かずで、さらに、ダメージが大きかったようですね。

前回、紹介したとおり、この「ごはんリレー」における外食率は、76%にも及んでいて、
さらに、平日の収録も多いようなので、定休日に出くわしてしまう確率も高いようなのです。

かつて、日本テレビ系の『進め!電波少年』にて、
「熱狂的○○ファン」という、
各プロ野球チームのファンに応援させ、負けると絶食という企画があり、
あまりに負け続けたチームを応援していたファンが、
絶食続きでドクターストップがかかったことがあったと思いますが、
小泉エリも、そういう事態にはなってしまわないように気をつけてもらいたいと思うところです。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

北京五輪開会式の口パク → 口パク芸・エアあやや → はるな愛

北京オリンピック開会式での、
口パクだった女の子・林妙可ちゃんが人気急上昇中とのことで、
最新の映画出演料が、
3分間60万元(約900万円)、
分単位当たり20万元(約300万円)
という高額になっているというニュースが流れていましたが、
そんなニュースを耳にして、
日本でも、
今年、口パク芸でブレイクしている芸人がいたではないかと、ふと思ったのでした。

TBS系の『あらびき団』などでおなじみの、
エアあやや芸で人気となった、はるな愛です。
はるな愛の分単位当たりのギャラはまだまだだとは思いますが。

このところ、はるな愛をテレビで見ない日がないくらい、
松浦亜弥自身よりも、断然、はるな愛のほうがテレビに出てきていてですよね。
松浦亜弥自体がもう下火かと思われていたものの、
はるな愛にモノマネされ、これだけの話題となっていることは、
松浦亜弥自身にとってもプラスなことなように思われるのです。
松浦亜弥サイドも、はるな愛をうまく使っているようですよね。
8月6日深夜放送の『あらびき団』でも、
東野幸治
「ビジネスや」
って発言していましたから。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『ノブナガ』 「ウェブナガ」での元麻酔科女医の話による医療ドラマシーン

以前、『探偵!ナイトスクープ』で、
とうふ屋を舞台としたドラマや映画はたくさんあるのに、
こんにゃく屋を舞台としたドラマや映画は見られないので、
こんにゃく屋の作品を作って欲しいという依頼があったりもしましたが、
ドラマにされる職業というものも世の中の各職業の比率とは異なり、
偏っているものですよね。
ドラマにしやすい職業というものがあるものなのでしょうか。

そのような職業ドラマの中でも、
医者や医療現場を舞台としたドラマというのは、たいへん多く感じられますよね。

今期のドラマでも、
フジテレビ系の『コード・ブルー』やTBS系の『Tomorrow』などが放送されていて、
医療現場を舞台としたドラマが見られなかったシーズンはないくらいに思います。

CBC中部日本放送の『ノブナガ』の前半・電話コーナーウェブナガ
7月19日深夜放送分(MBS毎日放送では8月6日深夜放送分)にて、
元麻酔科の女医に電話取材されていました。
そこで、医療現場を舞台としたドラマにみられるリアリティのようなことにも触れていましたが、
ドラマってけっこういいかげんなものらしいですよね。

以前、知り合いの薬剤師も、医療現場を舞台としたドラマに関して、
見ていておかしなところが多々気になることがあるということを言っていたのを思い出しました。

ノブナガ』での、この元麻酔科の女医も、忠実に再現されているのは、
海外ドラマの『ER緊急救命室』とのことをおっしゃっておられました。
国内のドラマのシーンは、あてにならないというものなのでしょうか。
医療現場を舞台としたドラマは、ドラマにされる割には、再現が不十分なようです。

さて、8月13日放送のMBS毎日放送の『VOICE』にて、
「ドクターヘリを追う!」と題して救命最前線の密着取材を放送していました。

和歌山県は山間部が多く、
県内に3つしかない救命救急センターまで、
車で患者を運ぶには最大で4時間もかかるとのことで、
そこで、県は2003年に年間1億5000万円をかけてドクターヘリを導入、
県内どこへでも30分以内で医師を送り込む体制を作り、
ドクターヘリの年間出動回数は350回にも及んでいるのだそうです。
取材中に、ドクターヘリ要請があり、
川で溺れ昏睡状態の患者を運ぶ様子にも密着していましたが、
ここでも、細かく見ると、
現在、フジテレビ系で放送されている『コード・ブルー』と異なる点も多かったのかもしれません。

まだ、国内ではドクターヘリは14機しか導入されていないらしく、
それだけ、目にする機会も少ないドクターヘリであり、
コード・ブルー』でも、そのようなドクターヘリ救命救急が描かれているわけですが、
コード・ブルー』も、
ドクターヘリの世界が忠実には再現できていないものなのだろうと思ったのでした。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『オビラジR』 がくっぽいど・ギャロップ・妄撮・聖☆おにいさん・イケメンバンク

8月12日深夜放送のTBS系の『オビラジR』では、
押さえておきたい最新エンタメ情報、
エンタメ・オビファイブにて、以下の5つが紹介されていました。

No.1 「がくっぽいど
No.2 「ギャロップ
No.3 「妄撮
No.4 「聖☆おにいさん
No.5 「イケメンバンク

No.1 「がくっぽいど」は、
7月31日に発売されたばかりの、
パソコンで音楽を作るとき、ヴォーカルパートを合成させるソフトなのだそうです。
そのヴォーカルを務めるのがGacktだそうで、このタイトルなのだそうです。
商品はこちら

No.2 「ギャロップ」とは、
ページをめくると、動物が動き出すという視覚トリック新感覚の絵本のことで、
昨年アメリカで発売され、ニューヨークタイムズの絵本部門でも1位の評価を受けたものらしく、
今年6月に日本発上陸とのことです。
商品はこちら

No.3 「妄撮」とは、
川村ゆきえ磯山さやか山本梓など
23名の人気グラビアアイドル総出演のオムニバス写真集で、
着衣姿の写真の一部が破かれ下着姿となっている写真集で、
発売から3日で写真集ランキング第1位に輝いたとのこと。
グラビアタレントの橘麗美に密着しての
同じ位置での着衣姿と下着姿との写真を2パターンで撮影し合成する様子を紹介していました。
オビラジR』出演のKONANも「妄撮」に登場とのことでした。
商品はこちら

No.4 「聖☆おにいさん」は、
2008年度NEXTブレイク漫画ランキングでも第1位に輝き、
期待されている漫画なのだそうです。
前回のNEXTブレイク漫画ランキングでは、
もやしもん」や「デトロイト・メタル・シティ」もランキングされていたそうで、
ブレイク必至のマンガと言えるのだそうです。
商品はこちら

No.5 「イケメンバンク」とは、
バンダイから発売の貯金箱で、
5日以上貯金をサボると、「さよなら」と言って出て行くなど、
かつてのたまごっち的な要素も感じられる貯金箱おもちゃだそうです。
商品はこちら


この「エンタメ・オビファイブ」は、先週から始まったコーナーのようですね。
先週の、
「ヴァーチャル・スポーツ競技・東京オンリーピック
「芸能人限定のAVメーカー・MUTEKI
「ワキ毛アイドル・矢吹シャルロッテ
などに比べると、今週はちょっとインパクトが劣っちゃっいましたかね。

ちなみに、MUTEKIは、
 9月1日発売、三枝実央の「スキャンダル 芸能人 三枝実央
10月1日発売、吉野公佳の「インパクト」
だそうです。

オビラジR これやってマネーゲット!! 儲けのツボはココにあった!」も好評発売中!




[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

北京五輪の各視聴率 『ロト6で3億2千万円当てた男』にも影響か視聴率低下

テレビ朝日系の『ロト6で3億2千万円当てた男
視聴率は低下気味で、
第1話 12.4%
第2話  6.8%
第3話  6.0%
第4話  4.7% と、
第1話から第4話にかけて下降を続けていて、
第5話では、8.0%と少し持ち直したものの、
8月8日放送の
寄付を求める謎の喪服の二人組みへの寄付を決断してしまうシーンまでの第6話は、
北京オリンピック開会式の裏での放送ということもあり、
視聴率はわずか4.6%というものだったようです。

北京オリンピック開会式の中国での視聴率は98.1%にも達したようで、
話題になっていますが、
NHKでの『北京オリンピック 開会式』の視聴率は、
オリンピックの開会式の平均視聴率としては、
61.2% 1964年の東京大会
47.9% 1984年のロサンゼルス大会
40.6% 1972年のミュンヘン大会
に次いで歴代4位の37.3%だったようです。
瞬間最高視聴率も48.2%、
関西地区では、平均視聴率35.9%、瞬間最高視聴率48.0%。
名古屋地区では、平均視聴率37.9%、瞬間最高視聴率51.8%。

9日19:00~、NHKでの、
谷亮子選手銅メダル獲得の柔道女子48キロ級中継は、
関東地区21.9%、関西地区16.7%。

10日18:30~、フジテレビ系での、
内柴正人選手金メダル獲得の柔道男子66キロ級決勝中継は、
関東地区14.8%、関西地区13.4%。
10日21:00~、NHKでの同録画は、
関東地区16.4%、関西地区14.8%。

11日10:55~、NHKでの、
北島康介選手金メダル獲得の競泳男子100メートル平泳ぎ決勝中継は、
関東地区16.1%、関西地区14.0%。

となっているようで、北京オリンピックは視聴率好調のようです。




[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

2008年7月期ドラマ 第1話→第2話 視聴率アップダウンランキング

後発で、8月スタートとなった
TBS系の『恋空』と、
フジテレビ系の『33分探偵』も、
この週末に第2話の放送も終え、
2008年7月期のドラマも第2話の放送まで出揃ったところで、
今日は、その、第1話→第2話の視聴率のアップダウンに注目してみたいと思います。

第1話→第2話の視聴率アップダウンランキングは以下のようになりました。

12.3% → 13.1%  0.8% 『ヤスコとケンジ
 5.6% →  5.9%  0.3% 『恋空
13.0% → 12.2% -0.8% 『シバトラ
12.4% → 11.6% -0.8% 『その男、副署長
11.6% → 10.5% -1.1% 『あんどーなつ
11.8% → 10.6% -1.2% 『四つの嘘
14.0% → 12.6% -1.4% 『魔王
12.5% → 10.4% -2.1% 『ゴンゾウ
14.2% → 11.6% -2.6% 『モンスターペアレント
10.0% →  7.4% -2.6% 『打撃天使ルリ
16.8% → 13.9% -2.9% 『Tomorrow
13.2% → 10.1% -3.1% 『正義の味方
 9.9% →  6.1% -3.8% 『学校じゃ教えられない!!
12.2% →  8.1% -4.1% 『33分探偵
21.2% → 16.0% -5.2% 『コード・ブルー
12.4% →  6.8% -5.6% 『ロト6で3億2千万円当てた男
20.5% → 14.4% -6.1% 『太陽と海の教室

ヤスコとケンジ』が0.8%の視聴率アップ、
低視聴率からスタートとなった『恋空』が0.3%の視聴率アップ
となった以外は軒並み視聴率ダウンとなっています。

初回21.2%もの好スタートをきった『コード・ブルー』も、-5.2%。
初回12.4%だった『ロト6で3億2千万円当てた男』は、半減近い -5.6%。
そして、最も視聴率ダウンの激しかったドラマは『太陽と海の教室』で、-6.1%でした。

[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『人生交換プログラム ライ⇔トレ』 『ラブちぇん』の仕事入替版的番組

8月10日、日曜日の午後、ふとテレビをつけて、フジテレビ系にチャンネルを合わせると、
目に飛び込んできた番組がこの『人生交換プログラム ライ⇔トレ』だったのでした。

たまたま2週続けてこのような時間帯にテレビをつけていてだったのですが、
先週は、ちょうどこの枠で、
目に飛び込んできた番組が『とびだせ!空想科学』だったのでしたが、
この時間帯って、フジテレビ系は単発特番枠なのでしょうか。

今回の『人生交換プログラム ライ⇔トレ』は、
あなたの生活とあなたが希望する他人の生活とを7日間交換し、
お互いに夢のひとときを過ごしていくというものらしく、
「ライ⇔トレ」とは、「ライフ・トレーディング」のことなのだそうです。

「ライ⇔トレ」の基本ルールは、
① 仕事を交換
② お家を交換
③ 携帯を回収
ということらしく、
メ~テレ制作にてテレビ朝日系で放送されている
見ず知らずの2組の夫婦が入れ替わるという『ラブちぇん』にもよく似た番組に感じたものの、
仕事の入替ともなると、職場の周りにも迷惑をかけることになるべく企画かとも思い、
ラブちぇん』よりも、職場などの協力先への根回しなどもたいへんそうに思われた番組でした。

自分の目に飛び込んできたのは、2本目のほうだったようで、
「講談社」編集者の河野千絵さんと
「イルカパーク」 イルカの調教師の高田優希さん
との「ライ⇔トレ」だったわけですが、
大学生のインターンシップ並にも見えて、
ちょっと見応えがないようにも感じられたのでした。

番組情報のフジテレビのHPを拝見すると、
1本目は、
「安部牧場」酪農家の安部早由里さんと
表参道の海外婦人靴ブランド「NINEWEST」店員の柴田奈実さんとの
「ライ⇔トレ」だったとのことで、
2本とも、都会の華やかな仕事と田舎の動物とのふれあいの仕事との入替ということで、
あまりにもベタすぎる同じパターンの2本というところも、
2本するなら、2本は違うタイプのものを用意したほうがよかったのではとも感じられたのでした。

ある雑誌のアンケートに
20代・30代の働く女性の80%が「転職してみたい」と答えていた事に起因し、
そんな彼女たちにエールを送るとともに、ちょっとだけ隣の芝生に寝転んでもらい、
体験してもらうお手伝いが出来ればと思っての番組制作とのことなのですが、
現実問題、仕事の能力の違う人を入れ替えることが不可能なことであり、
それを番組にするのは難しいのかもしれません。

[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『ノブナガ』 「小泉エリのごはんリレー」外食・中食・内食率を分析!

CBC中部日本放送の『ノブナガ』の後半・「小泉エリのごはんリレー」
7月19日深夜放送分(MBS毎日放送では8月6日深夜放送分)では、
前回の放送に引き続き、岡山県内をさまよっての「ごはんリレー 210~212日目」でした。

「ごはんリレー 212日目 364食目」にして、
岡山県は倉敷市で、
豚しゃぶをいただくためにお邪魔したお宅で、
「半信半疑ですよ」
と、このごはんリレーの企画に不信感を抱いていたお兄さんがおられ、
小泉エリも、
「ちゃんとしたテレビ局なんで」
とアピールしていましたが、
二人だけでの、家庭用サイズのビデオカメラでの撮影のごはんリレーロケ班は、
知らない人には、怪しく見えてしまうものなのでしょうねえ。

そんな半信半疑のお兄さんに、
「家とかあまり入らさへんでしょう?」
とも言われていたので、
今回、これまで全364食の、外食、中食、内食率を調べてみることにしたのでした。

こんなデータ、CBC『ノブナガ』のスタッフすら把握していないことかもしれませんが。
当・情報放送局は、
かつて、日本テレビ系の『TVおじゃマンボウ』でもおなじみだった堀井憲一郎並に
データ分析いたしますよ!

結果は、以下のようになりました。

外食 275食(76%)
中食  31食( 8%)
内食  58食(16%)

予想以上に外食率が高い結果となり、
一般のご家庭に伺っての食事は6回に1回くらいという割合になりました。
自宅にはお邪魔させてもらえず断られていることも多いためかと思われる結果が
得られたのでした。


さて、「小泉エリのごはんリレー」に関して、2007年末までは、
hiroさんによる「ごはんリレー応援ブログ」にて、
ごはんリレーの展開がレポートされていたのですが、
今年になってから休止状態が続いており、
ついに最近、閉鎖されてしまったようで、
他に、「小泉エリのごはんリレー」の展開がレポートされているブログはないものかと
検索してみたところ、
気まぐれ日記【むーんべーす】のごはんリレーカテゴリ
を発見したので、ご紹介させていただきます。
なかなか詳しく放送内容がレポートされていまして、
ノブナガ』が放送されていない地域の方、
放送が中断してしまった地域の方が読んでも、
「ごはんリレー」の流れを追っていけると思えたブログでした。

また、当・情報放送局の「ノブナガ ロケ企画」もよろしくです。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『探偵!ナイトスクープ』 8月1日の放送でついに放送1000回目!

8月1日放送の朝日放送の『探偵!ナイトスクープ』は
たむらけんじ探偵の「なぜか私だけ吠えられる!?」
桂小枝探偵の「爆笑!小ネタ集」
 「蟹を丸ごと食べる男」
 「丸めたティッシュは痛くない?」
 「つまようじ名人のワザ」
 「おバカなハムスター」
 「爆弾のようなもの?」
 「空気イスで膝枕?」
長原成樹探偵の「ガオ~さん再び!」
の3本でした。

1本目の「なぜか私だけ吠えられる!?」は、
いつもながら、探偵が素人げにいろいろチャレンジしてみて失敗に至り、
やはり専門家にという流れの『探偵!ナイトスクープ』の定番の展開。
2本目の「爆笑!小ネタ集」も、
この小ネタ集だけで、
探偵!ナイトスクープ DVD Vol.4 爆笑小ネタ集33連発!!」など、
DVDが一本作れてしまうような『探偵!ナイトスクープ』ならではのコーナーですし、
3本目の「ガオ~さん再び!」は、近年の傑作キャラでもあり、
1000回目の放送にふさわしい放送内容ではなかったのでしょうか。

さて、
北京オリンピックも開会式のこの日に1001回目の放送を迎えることができた
8月8日の放送は、
竹山隆範探偵の「柔道の新技で後輩を倒したい!」
間寛平探偵の「中国料理店から巻貝!?」
北野誠探偵の「幻の寺でトイレを借りた?」
の3本です。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『今ちゃんの「実は…」』 小泉エリ=相撲オタク

8月6日深夜放送の朝日放送の『今ちゃんの「実は…」』では、
「東京からグラビアアイドルなどを呼んだりはいたしません」
とのことで、
女性ゲストは、
CBC中部日本放送の『ノブナガ』の後半・「小泉エリのごはんリレー」
でもおなじみの吉本興業の女性マジシャン・小泉エリでした。

「小泉エリの実は…は?」
と、今田耕司に話をふられて、
小泉エリは、
大相撲の大ファンとのことで、
「安馬の乳輪が好き」
ってマニアっぷりたっぷりのコメントをしていましたが、
以前、テレビ朝日系の『「ぷっ」すま』の
「オタクアイドルとお宝のペア当て!」ゲームにて、
「相撲オタク」として、出演されていたんですよね。
ノブナガ』の後半・「小泉エリのごはんリレー」でも、
たびたび小泉エリの相撲オタクネタは登場しますが、
そろそろ、小泉エリ=相撲オタクというキャラも浸透してきてなのでしょうか。

[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『オビラジR』 芸能人限定のAVメーカー・ワキ毛アイドルなど

8月5日深夜放送のTBS系の『オビラジR』では、
押さえておきたい最新エンタメ情報、
エンタメ・オビファイブにて、以下の5つが紹介されていました。

No.1 「東京オンリーピック
No.2 「ARis
No.3 「MUTEKI
No.4 「相関図メーカー
No.5 「シャルロッテ

No.1 「東京オンリーピック」は、
ヴァーチャル・スポーツ競技の映像大会で、
「男子親離れ」「サムライコール」「男女ペアマラソン」など、
スキージャンプ・ペア」を生み出した真島理一郎監督作品で、
DVDも発売だそうです。
DVDはこちら
公式HPはこちら

No.2 「ARis」は、
世界初の電脳フィギュア。この秋に発売予定だそうです。
公式HPはこちら

No.3 「MUTEKI」とは、
芸能人限定のAVメーカーで、9月1日にさっそく発売されるとのことです。
ABCラジオ『誠のサイキック青年団』でもこのことだったのか、
芸能人限定のAVメーカーが話題になっていたような。
公式HPはこちら

No.4 「相関図メーカー」は、
名前を入れるだけで、ドラマのような相関図を自動作成するソフトだそうです。

No.5 「シャルロッテ」は、新アイドルということで、
ワキ毛アイドル・矢吹シャルロッテを紹介していました。
矢吹シャルロッテのブログタイトルは「ワキ愛々」だそうです。
公式ブログはこちら

オビラジR これやってマネーゲット!! 儲けのツボはココにあった!」も好評発売中!



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

「ラインバック」「鳥居みゆき」「ガシャドクロ」 キーワード検索上位紹介

7月の当・情報放送局テレビブログへの
検索キーワード上位10位を紹介させていただきます。
どのようなキーワード検索を経て、当・情報放送局テレビブログへやって来られたかです。


1位 32件「ラインバックを求めて」
2位 18件「鳥居みゆき
3位 12件「ガシャドクロ」
3位 12件「FNS27時間テレビ
3位 12件「鳥人間」
6位 11件「明石家さんま
6位 11件「FNS 27時間」
8位 10件「服部慶子 さんま」
8位 10件「鳥人間コンテスト
8位 10件「ひこにゃん」


上位3つは、順位は入れ替わっているものの、6月の上位3つと同じキーワードを含んでおり、
6月に紹介したものが、引き続き7月でも検索されて上位に食い込んできたようです。

1位の「ラインバックを求めて」は、
6月27日放送の朝日放送の
探偵!ナイトスクープ』の3本目「名乗り出てください」で紹介された、
90/09/01放送 の 「ラインバックを求めて」 越前屋俵太探偵
を含む6作品の、名乗り出を求めて、
当・情報放送局テレビブログでも、6月28日に取り上げたものでした。
この6作品の中でも、この「ラインバックを求めて」だけが特に検索件数が多く見られました。
探偵!ナイトスクープ』は、
「グランドアカデミー大賞」や「リターンズ」の放送もあったため、
これらの検索キーワードも多数見られ、
6月末の放送であったこともあり、7月にも引き続き検索が多かったものと思われます。

2位の「鳥居みゆき」は、
7月15日放送のテレビ朝日系の『ロンドンハーツ』「鳥居みゆき24時」について、
当・情報放送局テレビブログでも、7月15日に取り上げたものでした。
また、6月18日放送のテレビ朝日系の『くりぃむナントカ』で、
この番組おなじみのビンカン選手権の中で登場した
鳥居みゆきにそっくりさんの番組の松延由子ADについて、
当・情報放送局テレビブログでも、6月18日にも取り上げていることにより、
7月も引き続き、長期にわたって検索されたキーワードということもあったようでした。

3位の「ガシャドクロ」は、
6月25日深夜放送の朝日放送の『今ちゃんの「実は…」』にて、
「袋とじ」という美女を紹介するコーナーにて、
猫耳戦姫アカネックス」という大阪日本橋を守る戦隊アイドル物のDVDが紹介されていて、
そのDVDに出演のアカネックス&アオバックル金城真央吉沢優希)と
悪役のガシャドクロ(霧島のぁ)が番組に出演されていたのですが、
この悪役のガシャドクロがあまりにも露出の激しい衣装でセクシーすぎて、
このときの番組でのやり取りがおもしろかったので、
当・情報放送局テレビブログでも、6月26日に取り上げたものでした。
AV女優さんのお名前が紹介されなかったことで、ネット上で検索された方が多かったのか、
この他にも「ガシャドクロ AV」など、
「ガシャドクロ」を含む検索も多数見られたほか、
今ちゃんの「実は…」」という番組名やその一部での検索も見られました。
6月25日の関西エリアでの放送から、13~31日遅れにて、
静岡朝日テレビ、琉球朝日放送、メ~テレ、東日本放送、愛媛朝日テレビ、北陸朝日放送
にて7月に放送されたため、これら放送地域の方の検索が7月にあったものと思われます。

3位の「FNS27時間テレビ」、
6位の「明石家さんま」、
6位の「FNS 27時間」、
8位の「服部慶子 さんま」は、
7月26日~27日にかけて放送された
フジテレビ系の『FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』に関する検索で、
当・情報放送局テレビブログでも、7回に渡り取り上げたものでした。
取り上げた回数が多かったことと、年に一度の特番ということもあり、検索数も多かったようです。
7位に食い込んでいる、服部慶子さんは、
明石家さんまの「ラブメイトベスト10 2008」の6位にランキングした、
恋のから騒ぎ』に出演したがっているガソリンスタンド店員の素人さんです。

3位の「鳥人間」、
8位の「鳥人間コンテスト」、
8位の「ひこにゃん」は、
7月26日~27日にかけて、
「ひこにゃん」人気の滋賀県彦根市にて収録された
第32回鳥人間コンテスト選手権大会』に関する検索で、
当・情報放送局テレビブログでも、
滑空機部門にパイロットとして出場した『情報ライブ ミヤネ屋』の宮根誠司に関してなど、
3回に渡り取り上げたものでした。
なお、『第32回鳥人間コンテスト選手権大会』は、9月15日放送予定です。


[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『恋空』はわずか5.6% 2008年7月期ドラマ第1話視聴率ランキング

この週末、8月2日に、
TBS系の『恋空』、
フジテレビ系の『33分探偵』もスタートし、
夏ドラマが出揃いました。

TBS系の『恋空』は、
視聴率好調だった『ROOKIES』の後枠にもかかわらず、
初回視聴率は5.6%と、低視聴率のスタートとなったようです。

2008年7月期のドラマも出揃ったところで、
第1話の視聴率をランキングさせてみました。

21.2% 『コード・ブルー
20.5% 『太陽と海の教室
16.8% 『Tomorrow
14.2% 『モンスターペアレント
14.0% 『魔王
13.2% 『正義の味方
13.0% 『シバトラ
12.5% 『ゴンゾウ
12.4% 『ロト6で3億2千万円当てた男
12.4% 『その男、副署長
12.3% 『ヤスコとケンジ
12.2% 『33分探偵
11.8% 『四つの嘘
11.6% 『あんどーなつ
10.0% 『打撃天使ルリ
 9.9% 『学校じゃ教えられない!!
 5.6% 『恋空

初回で、視聴率20%を超えたドラマは2つだけで、
さらに、すでに第2話以降の放送を終えているドラマでは、
第2話以降で、視聴率20%以上は見られなくなってしまっています。

[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『世界の果てまでイッテQ!』の「牛追い祭り」で『水曜どうでしょう』を回想

旅番組といえる番組もたくさんありますが、
世界の果てまでイッテQ!』も旅番組の一つですよね。

そんな8月3日放送の日本テレビ系の『世界の果てまでイッテQ!』は、
「世界で一番盛り上がるのは何祭り?inスペイン」として、
宮川大輔による「スペイン牛追い祭り」を取り上げてでした。

「スペイン牛追い祭り」で旅番組といえば、
HTB北海道テレビの『水曜どうでしょう』を思い出した人も多いことでしょう。

結局は、
「スペイン」での「うし追い」ではなく、
「西表島」での「むし追い」祭りであった『水曜どうでしょう』でしたが、
今回の『世界の果てまでイッテQ!』での取材の様子を見ていて、
宮川大輔大泉洋に切り替えてイメージしてみちゃいました。

地元の情報番組にも出演していた宮川大輔でしたが、
水曜どうでしょう』でも、もし「スペイン牛追い祭り」に繰り出せていたならば、
大泉洋もあんな感じに世界のテレビ局への取材にもおもしろおかしく対応していたのだろうと。

水曜どうでしょう』でもぜひ行ってみてもらいたかったものだとつくづく感じちゃったのでした。
宮川大輔に出来るなら、大泉洋にだって出来ることでしょう!
この先、「やはり、牛追い祭り!」ってことで、企画しないですかねえ、藤村忠寿ディレクター。

そういえば、『水曜どうでしょう』の「原付・西日本制覇」鳥取砂丘事件発覚から1年ですね。

今年はまだ最新作の放送もないようですし、
水曜どうでしょう』が話題になることももうここ1年なくてなんですよね。
そろそろ『水曜どうでしょう』の新作が恋しくなってもきています。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。