情報放送局テレビブログ

テレビや番組に関して、さらにそこから発展するいろいろな情報なども紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『13歳のハローワーク』 「バブルへGO!!」とも似ているタイムスリップドラマ

1月13日放送のテレビ朝日系の『13歳のハローワーク』。
バブルの時代へタイムスリップして、自分を再教育するというストーリーとのことを、
なんらかの番宣ので耳にして、興味を持って、ドラマを見てみたのでした。

バブルの時代・1990年にタイムスリップして未来を変えるというストーリーは、
映画「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」と、
タイムスリップとその時代に関して似ているような感じがしましたね。
日本経済の華やかな時代、もう22年前にもなるんですね。
ファッションやメイクなども、今よりも華やかさを感じますね。

たまの「さよなら人類」も懐かしい曲でしたね。
バックにチラッと映った
「日経平均37188円95銭」という株価も今の4倍以上の額で、
ほんと好景気だったんですよね、1990年。

そんな、『13歳のハローワーク』内では、
建設中のレインボーブリッジでバブルの時代へのタイムスリップを表すシーンなどは、
映画「バブルへGO!!」と同じであったような。

さらに、
映画「バブルへGO!!」では、
まだ売れる前の飯島直子に会ってアドバイスするというシーンがあったと思うのですが、
13歳のハローワーク』でも、
まだ売れる前の岡本夏生に会ってアドバイスするというシーンがあり、
ここもパクっているようにも感じましたが。

そういう「バブルへGO!!」との共通点を見つけることも、
このドラマを楽しむポイントなのでしょうか。

また、一話ごとに、タイムスリップしては現代に戻ってきて、
少しずつ変わっていっている現代の様子を確認してというストーリーのようですが、
そのあたりは、
2007年のフジテレビ系ドラマ『プロポーズ大作戦』にも似ている感じがしますね。

さらに、主演はTOKIO松岡昌宏ですが、
ダメな自分を更生させていくというストーリーは、
同じく松岡昌宏主演だった
1999年のTBS系ドラマ『天国に一番近い男』も思い出さされるような感じなのですが、
そんないろいろなドラマの要素を取り込んでいての、
13歳のハローワーク』にも感じたのですが、2話以降はどういう展開なものなんでしょう。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]
スポンサーサイト

『スペシャルドラマ らんま1/2』 天道あかねは新垣結衣 視聴率7.9%

日本テレビ系の『金曜スーパープライム』にて、
12月9日に放送された、『スペシャルドラマ らんま1/2』実写版の視聴率は、
7.9%だったようです。
低い視聴率のようですが、
22年前のアニメの平均視聴率は9.5%だったようですし、
古いアニメの実写化はこの程度の視聴率なものでしょうか。

2007年、2008年の『めぞん一刻』の実写化に続いての
高橋留美子作品の実写化でしたよね。
めぞん一刻』のドラマはテレビ朝日系での放送でしたが、
今回の『らんま1/2』のドラマは日本テレビ系での放送でした。

ちなみに、
2007年の『めぞん一刻』の視聴率は、12.1%。
2008年の『めぞん一刻 完結編』の視聴率は、8.0%だったようです。



めぞん一刻』実写版の時にも、
音無響子役の伊東美咲も、
音無響子にしては、イメージよりも背が高すぎるという意見なども見られていましたが、
音無響子の清楚で清純、
マジメでちょっと鈍感な役をうまく演じきっているように感じるものでしたが、
今回の『らんま1/2』は、いかがだったものなのでしょうか。
天道あかねの新垣結衣も、
天道あかねにしては、清楚で大人しすぎるイメージかもしれない新垣結衣なので。

個人的には、
天道早雲(生瀬勝久)、
早乙女玄馬(古田新太)、
小乃東風(谷原章介)などは、
なかなかはまり役かなあとも感じたのですが。
 
漫画やアニメを実写化するのは、
そのキャラクターにぴったりの俳優さんを見つけることがなかなか難しいものですよね。
キャラが濃いものほど、
それを日頃のその俳優さんの雰囲気からもイメージさせられる配役ができるかどうか、
たいへん難しいものになるように感じます。
そして、そういうはまり役な俳優・女優さんがおらず、
実写化したときのクオリティが下がってしまうものであるのだと。
アニメの実写化での感想の大半が、そこですよね。
みなさん、実写化されても、
漫画やアニメのイメージそのままにというところに期待しているのでしょうね。

近年のアニメの実写化では、
こちら葛飾区亀有公園前派出所』の
両津勘吉役の香取慎吾が、個人的には一番しっくりこない感じなんですが。(苦笑)

さて、今回の『スペシャルドラマ らんま1/2』の内容は、
アニメでの、
らんま1/2』第1話の「中国からきたあいつ!ちょっとヘン!!」
らんま1/2』第9話の「乙女白書・髪は女のいのちなの」
らんま1/2熱闘編』第16話の「女子更衣室を襲え?」
などを中心に、
早乙女乱馬登場シーンや天道あかねの長い髪を失うシーンなど、
少し話も変えられて描かれている感じでしたが、
2時間枠のドラマ実写版としては、そうともしないと収まらないものかと。

めぞん一刻』のときと同じように、
次は完結編として、続編の放送がありそうな感じがしますが、
視聴率が振るわなかった分、どうなることやら。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

12歳差の姉さんカップルの観月ありさ 『華和家の四姉妹』は視聴率13.5%

7月10日放送のTBS系『華和家の四姉妹』の視聴率は13.5%とのことでしたが、
そんな『華和家の四姉妹』の主演の観月ありさと、
ものまねタレント清水アキラの三男で俳優の
清水良太郎との交際が発覚というニュースが流れていました。

12歳差の姉さんカップルなんだとのこと。
観月ありさは34歳とのことですが、若々しくも見える方ですものね。

かつて、同じくTBS系にて放送されていた『おひとりさま』でも、
10歳年下との恋愛が描かれたドラマを演じていましたが、
そんな『おひとりさま』のドラマ内で、
「10歳年下でなく、いっそのこと12歳年下だったら共通の干支の話題でもあったのにね」
と言われるシーンがあったと思いますが、
そんな干支の話もできる12歳年下との、実生活での恋愛だったのですね。

さて、今回の『華和家の四姉妹』にしても、『おひとりさま』にしても、
そして、日本テレビ系で放送されていた『斉藤さん』や、
フジテレビ系で放送されていた『鬼嫁日記』などもそうでしたが、
ちょっと気の強い女性の役が多かったりですよね。
そういう役がはまり役というか、おなじみとなっている感じですが、
ご本人の素の性格もこのような性格なのかなあと、
ドラマの役柄のイメージをあてはめてしまっちゃうものですが、どうなのでしょう。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

「放射性ストロンチウム」と聞いて深津絵里主演の『きらきらひかる』を回想

東北地方太平洋沖地震・東日本大震災の発生からひと月以上になりますが、
いまだ収束せずの福島原発関連ニュースで、
「放射性ストロンチウムを検出=原発30キロ外、福島6市町村」
というニュースが流れていましたが、
「ストロンチウム」と聞いて、
フジテレビ系ドラマ・深津絵里主演の
きらきらひかる』を思い出した人も多かったのではないのでしょうか。

私も、ふと『きらきらひかる』で出て来た放射性元素の名前だったよなあと、
田所所長(柳葉敏郎)が「ストロンチウム90」って言っていたシーンを思い出したのでした。

確認と思い、ネット検索をかけてしまったのですが、
同じような方も多かったのではなかったのかなあと。
同じような方で、ここを訪れての方は、賛同の拍手クリックをどうぞ。

このドラマの終盤で重要な鍵を握った「ストロンチウム90」でしたが、
阪神大震災で亡くなった、
杉裕里子(鈴木京香)の妹・冴子(篠原涼子)のものと思われていた歯のかけらは、
検出されたストロンチウム90から、
チェルノブイリ原発事故があったウクライナで生まれた
娘・ジュリアのものだと特定されるというものであったと思います。

このドラマ、もう13年も前のドラマですが、
こうやって、ドラマ内でふと出てきた「ストロンチウム」という言葉を聞いて、
今でも思い出してしまうほどのかなりの名作であったと思うのですが、
阪神大震災やチェルノブイリ原発事故も話に盛り込んだストーリーであったんですよね。
今回、福島県でこのように放射性ストロンチウムが検出されたことで、
同じように歯から放射性ストロンチウムが検出されるということで、
今度は国内福島県と発覚するような監察医のドラマストーリーができてしまったりなのでしょうか。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『江~姫たちの戦国~』 『ビーバップ!ハイヒール』2011年大河ドラマ予想

NHKの2011年大河ドラマ
上野樹里主演の『江~姫たちの戦国~』の放送が9日に始まり、
初回視聴率は、関東地区で21.7%、関西地区で20.9%とのことでしたが、
この2011年大河ドラマに関して、
かつて、朝日放送の『ビーバップ!ハイヒール』にて、
大予想が行われていたことを思い出したのでした。

近年は女性の主人公が増えているという点や、
近年は近畿地方が取り上げられていないという点、
そして、夫婦愛をテーマにするのではという点などから、
番組では「細川ガラシャ」と予想していましたが、
なかなか惜しい予想であったのだなあと。
今年の『江~姫たちの戦国~』で50作品目になるというNHK大河ドラマであり、
扱う人物に関しても、どんどんと絞り限られてきているものなのでしょうねえ。

ビーバップ!ハイヒール』で予想されていた「細川ガラシャ」ですが、
今回の『江~姫たちの戦国~』でも、
細川ガラシャ」もミムラが演じてで登場するみたいですね。

近江出身の浅井三姉妹の江が大河ドラマにて取り上げられるとなり、
昨年、滋賀県・長浜の街を訪れたときには、
街はすでに大河ドラマ一色という感じになっていましたが、
昨年の『龍馬伝』による経済効果と同様、
大河ドラマで取り上げられたとなると、
なかなかな観光の活性化につながるものなのでしょうか。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『土曜プレミアム』 織田裕二の「踊る大捜査線 THE MOVIE」の視聴率は?

映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の公開のタイミングで、
フジテレビは、先週末あたりに、
踊る大捜査線 THE MOVIE」と、
踊る大捜査線 THE MOVIE 2」の放送をぶつけてくると思っていたのですが、
なぜか、1週遅れての、
7月10日と、17日の『土曜プレミアム』にての放送となっているようですね。



しかし、ほぼ公開のタイミングで、
やはり、これまでの『踊る大捜査線 THE MOVIE』をぶつけてきましたね、フジテレビ。

昨夏も、映画「アマルフィ」の宣伝のためか、
織田裕二傑作選として、
7月10日に、『金曜プレステージ』にて、「県庁の星」、
7月11日に、『土曜プレミアム』にて、「踊る大捜査線 THE MOVIE」、
7月18日には、『土曜プレミアム』にて、「踊る大捜査線 THE MOVIE 2
を放送していてでしたが、フジテレビは、織田裕二に力注いでいてですよね。

さて、今回、
踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」は、
公開4日間で100万人もの観客動員とのことでしたが、
踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」人気により、
逆に、これまでの2作のテレビ放送の視聴率はどうなるものでしょうか。

これまでの2作は繰り返し放送されていることもあり、
人気映画といっても、テレビ放送での視聴率も落ちてきていたものですが、
映画宣伝のための、前作放送とするよりも、
踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の公開開始後に放送することによって、
逆に、これまで2作のテレビ放送の視聴率を上げられるかもということなのでしょうか。

ちなみにこれまでの放送と視聴率は以下。

踊る大捜査線 THE MOVIE」は、

2000年 1月 1日放送  28.7%
2000年10月 7日放送  21.3%
2002年 1月 5日放送  18.3%
2003年10月 4日放送  29.6%
2005年10月15日放送  19.6%
2007年10月12日放送  19.4%
2009年 7月11日放送  11.8%

踊る大捜査線 THE MOVIE 2」は、

2005年 1月 2日放送  18.8%
2005年10月22日放送  26.7%
2007年10月13日放送  23.9%
2009年 7月18日放送  16.6%

今回の視聴率はいかがなものなのでしょう。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」公開間近 『深夜も踊る大捜査線』放送開始

ヤフートピックスにて、
織田裕二柳葉敏郎、がっちり熱い握手!7年ぶりの『踊る大捜査線』に4,000人が大興奮!」
との記事も載っていてでしたが、
いよいよ、
映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の公開が週末7月3日に迫り、
恒例の、北村総一朗小野武彦斉藤暁のスリーアミーゴズによる
深夜も踊る大捜査線』も、
6月28日より、フジテレビ系にて深夜に放送され始めていますね。

やはり、今回もこの『深夜も踊る大捜査線』も健在でしたね。
湾岸所に赴任してきた15年前という回想シーンが30年くらい前な雰囲気で、
太陽にほえろ』をもイメージしたものというのが、
今回のお約束のようです。

ちなみに、この『深夜も踊る大捜査線』も、
ビデオ化、DVD化されているようです。



さて、今回の映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」は、

強行犯係係長に昇格した青島が、新しい湾岸署への引っ越しを命じられる中、
金庫破り、バスジャック、殺人事件、爆弾予告など8つの事件が同時発生。
やがて、新湾岸署を占拠した犯人が、かつて青島が逮捕した犯罪者の解放を要求する。

との内容のようですが、
過去2作がいずれも興行収入100億円を超えた
大ヒットムービー『踊る大捜査線』シリーズの第3弾ということで、
初期の連続ドラマから13年以上が経っているものの、
ロングセラーとして、今作にも期待です。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

『土曜プレミアム・特別企画 阪神・淡路大震災から15年「神戸新聞の7日間」』

15年前の今、
まもなく早朝5:46に神戸は大地震に襲われることを誰が予期していただろうか。
観測史上初の震度7。
夜が明けて、
阪神高速の高架が横倒しになっているヘリコプターからの映像は衝撃的なものであり。

あれからもう15年もの時が経ったわけなのですね。

1月16日放送のフジテレビ系では、
土曜プレミアム・特別企画
『阪神・淡路大震災から15年「神戸新聞の7日間」』が放送されていてでした。

日本航空123便墜落事故を取材する新聞記者たちを描いた
横山秀夫による「クライマーズ・ハイ」にも似たものにも思われたものの、
クライマーズ・ハイ」は、実話ではなく、
群馬県の架空の地方新聞社・北関東新聞社を舞台としたものであったので、
今回の『阪神・淡路大震災から15年「神戸新聞の7日間」』は、
神戸新聞社の記者の証言・各種資料によって構成されたものとのことで、
ドキュメンタリードラマといったところであり、
リアリティがあったというものだったでしょうか。

当時から、
地元・神戸新聞による震災取材は注目はされていましたが、
15年経った今、改めてこのようなドラマで振り返ることで、
神戸新聞にこれほどまでのドラマのあった、
1995年1月17日・震災当日と、その後の日々だったということを知らされる、
15年の節目として、なかなかよいドラマの放送だったようにも感じたのですが。




[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

アイドリング!!!・谷澤恵里香主演『古代少女ドグちゃん』 毎日放送深夜ドラマ

MBS毎日放送の『ロケみつ』・「目指せ!鹿児島 西日本横断ブログ旅」のブログにて、
古代少女ドグちゃん』の番宣を目にして、
古代少女ドグちゃん』を拝見してみたのでした。

アイドリング!!!谷澤恵里香が、
連続ドラマ初出演・初主演となる特撮テレビドラマとのことでしたが、
90年代初めの
不思議少女ナイルなトトメス』や『美少女仮面ポワトリン
と同じような路線も感じさせられたドラマだったのですが、
20年近く経てば、
そういった番組も知っている人も少なくて、
こういった特撮もまた新鮮に見られたりといったところなのでしょうか。



深夜放送ということもあり、
ビキニコスプレの衣装ということで、お色気路線の大人向けのドラマなのでしょうか。
第2話は、元AV女優の穂花だったりで。

しかし、
第1話「妖怪 鯉びと」では、ソニン
第2話「妖怪 ちちでか」では、穂花
第3話「妖怪 放置自転車」では、田口浩正藤村俊二
第4話「妖怪 無礼香」では、山田キヌヲ村松利史
第5話「妖怪 カニ光線」では、駿河太郎
第6話「妖怪 人形つかい」では、斉木しげる
第7話「妖怪 ピーオン」では、安達祐実
第8話「妖怪 鯉しくて」では、石野真子竹中直人
第9話「妖怪 肉食姉妹」では、大沢逸美佐藤真弓
第10話「妖怪 親もどき」では、美保純高良光莉
第11話「妖怪 まぶたの母」では、斉藤由貴

と、深夜ドラマでありながら、なかなかの大物俳優も登場していて、
なかなか力が入れられてみてのドラマにも感じられますね。
そして、妖怪として扱うネタもなかなかセンスがあるような。

ネット局は、MBS毎日放送とRKB毎日放送だけのようですが、
年明けからは、
HBC北海道放送、
KUTVテレビ高知、
CBC中部日本放送などでも放送されるとのことで、
放送拡大でこれから全国展開というところでしょうか。

DVD「古代少女ドグちゃん ドキドキパック 上」は、
12月23日に発売され、
映画かも決定とのことで、まだまだこれから全国に飛び火していきそうですね。

同じくMBS毎日放送の『ロケみつ ~ロケ×ロケ×ロケ~』も、
MBS毎日放送と、
この秋から放送開始となったBSN新潟放送だけでの放送であったりだったものの、
TBSでも、稲垣早希の「関西縦断ブログ旅」が放送されたりと、
これから全国展開していきそうでもあり、
MBS毎日放送の深夜番組は絶好調といったところでしょうか。





[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]

木村拓哉・深津絵里『CHANGE』再放送 DVDは10月14日発売予定

先日、9月1日まで、草なぎ剛草剛)主演の『僕の生きる道』が再放送されていた
OHK岡山放送の夕方再放送ドラマ枠では、
9月2日から、木村拓哉主演の『CHANGE』が再放送されはじめました。

先日の選挙で、民主党への政権交代も話題の今日、
政治の世界を舞台にしたドラマの再放送はなんとも旬にも感じ。

そんな『CHANGE』を見ていると、
ドラマ内で、
日本の人口は1億2000万人、
そのうち15歳未満の人口は1700万人、
ペットの数は、ペットフードの消費量から2300万匹と推定されるという
阿部寛のセリフが見られたのですが、
日本って、ペットの数のほうが子供の数よりも多いんですね。

民主党政権で、子供手当ても注目される中、
子供の数とペットの数との比較というのもちょっと気になったのですが。

さて、『CHANGE』の再放送は、DVDの発売のタイミングもあってのようですね。
そんなDVDの発売の宣伝も行われていてでしたから。
CHANGE DVD-BOX」は、10月14日発売予定です。

しかし、放送が終わって1年以上も経ってからのDVDの発売とは、
これほど時間がかかったことには何かあってだったのでしょうか。



[テレビブログ] [テレビブログ テレビバラエティー] [テレビブログ テレビドラマ]
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。